グローバルナビゲーション

山梨県早川町との区民交流の支援と助成

更新日:2018年4月25日

協定宿泊施設のご案内

早川町は山梨県の南西の端、静岡県との県境に位置し、標高3,000mを超える南アルプスの山懐に抱かれた山村です。その谷間に、富士川の支流でもある清流・早川が縦断しています。総面積は約370平方kmですが、その96%を山林が占める「やまだらけ」の町で、人口は約千人ほどであり、日本で最も人口が少ない町としても知られています。
品川区では、自然豊かな早川町の魅力を感じていただくため、区民(在住、在勤、在学)を対象に、町内の各種宿泊施設と協定を結んでいます。通常料金の1割引きの料金で宿泊できますので、予約時に各宿泊施設に申し出のうえ、「指定の割引利用券」を持参してください。

交流宿泊施設の利用料助成

 町営宿泊施設(ヘルシー美里、ヴィラ雨畑)については、区内在住の方を対象に、1人1泊2,000円の助成を行います。

 平成30年4月1日より早川町との区民交流を深めるため、宿泊助成の制限をなくし、チェックインの際に宿泊される方全員分の品川区在住証明書(運転免許証、保険証等)をご提示いただくことで助成が受けられるようにしました。ぜひ町営宿泊施設をご利用ください。

※ヘルシー美里コテージにつきましては、小学生は800円の助成となります。ご注意ください。 

 タクシー料金の助成

 早川町は公共交通機関は路線バスしかなく、その本数も少ないため、最寄駅(JR身延線、下部温泉駅)から町営宿泊施設(ヘルシー美里、ヴィラ雨畑)への往路に限り、タクシー料金を助成します。ただし、2人以上の利用で、お一人1,000円の自己負担金がかかります。事前の申請が必要です。

各種「体験教室」がご利用できます。

 早川町では、「南アルプス邑・技と遊の体験教室」をご用意しています。交流促進センターやヴィラ雨畑を会場として講師が丁寧に指導してくれます。
 (内容)蕎麦打ち、籠づくり、豆腐作り、こんにゃく作り、ウインナー作り、硯造り、陶芸、木工細工、トレッキング
 (経費)講師料6,000円~、材料費の実費がかかります。
 団体でご利用ください。事前の予約が必要です。

早川ファンクラブ

 早川町との交流を深めようと、「早川親善交流大使」や「交流ボランティア」、交流事業参加者の区民が自主的に結成したファンクラブです。年3回程度の訪問活動、会報の発行、特産品販売への協力などの活動を行っています。世話人会が企画して、会員に参加を呼びかける方法で運営されています。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

地域活動課市町村交流担当
  電話:03-5742-6856