グローバルナビゲーション

食品中の放射性物質について

更新日:2018年3月16日

より一層の食の安全と安心を確保するため、食品から許容することのできる放射性セシウムの線量を、年間5ミリシーベルトから年間1ミリシーベルトに引き下げることを基本として、新たな規格基準が設定されています。
平成24年4月1日からの基準値は、以下のとおりです。

<放射性セシウムの新基準値>

 食品群

 基準値

(単位:ベクレル/kg)

 一般食品

 100

 乳児用食品

 50

 牛乳

 50

 飲料水

 10

 

新たな基準値設定の考え方、各食品群の範囲等の詳しい情報については、 厚生労働省が作成した下記リーフレットおよびホームページをご覧下さい。

<リーフレット>
新しい基準値の概要:厚生労働省(PDF:457KB)
食べものと放射性物質のはなし:厚生労働省(PDF:1083KB)

食品と放射能のQ&A

食品と放射性物質に関する疑問について、Q&A形式でまとめられています。 下記冊子をご覧ください。

<冊子>
食品と放射能Q&A:消費者庁(PDF:6.14MB)

食品中の放射性物質の検査について

都内流通食品
  東京都では、都内の小売店に流通している食品の中で、主に都民が日常的に摂取する食品および子供が 
  継続的に摂取する食品を選定し、検査を行っています。  
  検査結果は こちら(東京都福祉保健局ホームページ) をご覧ください。

都内産農畜産物、水産物および林産物 
  東京都が実施した検査結果は こちら(東京都産業労働局ホームページ)をご覧ください。 

その他 
  全国の都道府県等が実施した検査結果については、下記リンク先より検索することができます。
  ・月別の結果は こちら(厚生労働省ホームページ)
  ・「産地別」「品目別」など詳細条件での検索は こちら(厚生労働省ホームぺージ)

関連ページ

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区保健所生活衛生課食品衛生担当電話 03-5742-9139 

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。