グローバルナビゲーション

障害者包括支援相談体制構築検討委託事業者の決定

更新日:2018年10月25日

品川区では、地域共生社会の実現のため、障害者の身近な地域での相談支援体制を早期に構築することを目指しています。区の現状に合わせた運営体制を検討するため、現状分析・課題整理等の業務について、簡易型プロポーザル方式(公募型)により、専門的知見を有する事業者に委託することとしました。公募には2事業者が参加し、うち1事業者が辞退し、選定の結果、委託事業者を決定しましたのでお知らせします。

受託事業者

株式会社ナレッジ・マネジメント・ケア研究所
  東京都中央区日本橋富沢町9-19
  代表取締役 佐藤 廣志

選定理由

 株式会社ナレッジ・マネジメント・ケア研究所は、介護・福祉・医療に関する経営支援・人材育成等のコンサルティングを実施している事業所です。
 高齢福祉・障害福祉両方の知識に加え、福祉現場での運営経験、地域包括支援センターの運営支援、地域福祉計画策定支援等、本業務に関わる業務実績が豊富であり、総合的に評価し、受託事業者として選定しました。

選定方法

 応募提案書類により、応募事業者の提案内容、事業実績、財務経営状況の審査を実施しました。また、運営事業者を公正かつ適正に選定するために設置した選定委員会にて、事業者の適格性をはじめとする総合的な審議を行った結果、上記事業者を特定しました。

選定経過

(1)公募要領発表 平成30年8月1日(水)
(2)公募説明会 平成30年8月10日(金)
(3)提案書締切 平成30年8月31日(金)
(4)財務審査 平成30年9月4日(火)
(5)審査会 平成30年9月11日(火)
(6)選定委員会 平成30年9月12日(水)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

障害者福祉課福祉改革担当
電話:03-5742-6762