グローバルナビゲーション

福祉資金(返済が必要な貸付制度)

更新日:2018年5月31日

東京都母子及び父子福祉資金

ひとり親家庭の方々が経済的に自立して、安定した生活を送れるよう、母子・父子自立支援員が相談に応じ、審査のうえ、必要な資金を貸し付けます。

<対象>
都内に6か月以上(※)お住まいの母子家庭の母または父子家庭の父で、20歳未満のお子さんを扶養している方
(※)就学支度・修学資金は、申請時点で都内在住であれば対象です。

<連帯保証人>
都内に6か月以上居住し、独立した生計を営み、福祉資金について他に保証していない方で、住民税が課税されている方(1人)
※連帯保証人を立てられない場合
資金の種類によっては、有利子(年1%)での貸付が可能です。また、修学に関する貸付については、他機関をご案内します。

貸付金の種類
内容
事業開始資金 事業を始めるのに必要な設備費、什器、機械等の購入資金
事業継続資金 現在営んでいる事業を継続するために必要な商品材料等を購入する運転資金
修業資金 児童が事業を開始し又は就職に必要な知識技能を習得させるために要する資金
就職支度資金 就職するために直接必要な被服、履物等の購入資金
住宅資金 現に居住する自己所有の住宅の増改築、補修、保全に必要な資金
転宅資金 転居に必要な敷金等にあてるための資金
医療介護資金 医療又は介護を受けるために必要な資金
技能習得資金 事業を開始し又は就職するために必要な知識技能を習得するために必要な資金
生活資金 医療介護資金、技能習得資金の貸付期間中等、生活を維持するために必要な資金
結婚資金 児童の婚姻に際し必要な資金
修学資金 高校、短大、大学、大学院、高専、又は専修学校に修学させるために必要な資金
就学支度資金 小中学校、高校、短大、高専、専修学校、大学、大学院及び技能習得施設の入学、入所に関する資金

品川区女性福祉資金

配偶者のいない女性の方を対象に、本人または扶養している子が高校および大学等に通うために必要な資金を貸し付けます。
※事前相談が必要です。下記お問い合わせ先にご連絡ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

子ども家庭支援課 ひとり親相談担当
電話:03-5742-6589
FAX :03-5742-6387