グローバルナビゲーション

熱中症にご注意を

更新日:2018年8月3日

熱中症とは

熱中症とは、暑い環境の中にいることで体の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調整がうまくできなくなり体内に熱がこもってしまった状態のことをいいます。最悪の場合は死に至る場合もあります。

(症状)めまい、倦怠感、手足のしびれ、頭痛、吐き気、けいれん、意識障害など

熱中症の予防方法を正しく理解し、対策に取り組みましょう。
特に高齢の方や小さなお子さんは注意が必要です。

駐車中の車内は大変高温になるので、お子さんを乗せたまま離れることは絶対にやめましょう。

熱中症の予防方法

1.こまめに水分補給をする

・夏場は1日1.5~2リットルの水分を取る。
・のどの渇きを感じなくても意識して水分補給をする。
・毎朝、朝昼夕の食事の前後、就寝前にコップ1杯の水を飲む。
・外出時はいつでも水分を持ち歩く。
※注意※
 水などを一度に多く摂取すると、尿として排泄されてしまうため、この時期は、「こまめに」とることが大事です。

2. 暑さを避ける

 ●室内● 
・扇風機や冷房で温度を調節する。
→睡眠時は冷房を弱めに設定したり、扇風機を首ふりで回して長時間同じ場所に当てないようにしたりして工夫しましょう。
・温度計を置き、室温をこまめに確認する。
 ※注意※
 室内でも夜間でも熱中症は発症します。気温が高いこと、体が暑さに慣れていないことなど、様々な要因が組み合わさることで熱中症にかかる危険性が高まります。
 
 ●室外● 
・帽子や日傘を使う。
・暑い日は、日中の外出(午前10時から午後2時くらい)をできるだけ控える。
・涼しい施設・場所を利用する。 
 
 ●熱を体の外へ● 
・冷たいタオルで首や脇の下を拭いて体を冷やす。   
・汗を吸いやすく通気性のよい衣服を選ぶ。

3.日頃から体調管理に努める

・バランスのよい食事をとる。    
→タンパク質・野菜を積極的に食べましょう。
・腸内環境を整える。
→水分は腸で吸収されます。
・十分な睡眠をとる。
 ・体調不良を感じたら早めに医療機関を受診する。

熱中症になったときの応急手当法

1. 涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめる。
2. 水でぬらしたタオルで脇の下、首まわりなどを拭いて体を冷やす。
3. 水分をとる。
  ※注意※
   回復しないときは、早急に病院へ行きましょう。

避暑シェルター活用のススメ

 区では7月1日(日)から9月30日(日)まで、シルバーセンター、児童センター、地域センター、文化センター、保健センターなどの各施設を、暑さをしのぐ一時避難場所(避暑シェルター)として、活用しています。「避暑シェルターで 涼しさ ひととき」ののぼり旗が目印です。
 冷たい飲み物などご用意していますので、ぜひご利用ください。
 ご来館前に、開館日・開館時間をご確認ください。

避暑シェルター施設一覧(PDF : 82KB)



参考資料
「熱中症を予防しよう」チラシ(PDF : 440KB)

熱中症を予防して快適に過ごそう(YouTube) (別ウィンドウで表示)



※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

<お問合せ>
 (熱中症について)
 品川保健センター 電話:03-3474-2903
 大井保健センター 電話:03-3772-2666
 荏原保健センター 電話:03-3788-7016
 
 ※避暑シェルターについては各施設にご確認ください。

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。