グローバルナビゲーション

風しんが流行しています

更新日:2018年8月17日

関東地方で風しんの届け出が大幅に増えています。

  • 風しんの抗体価の低い30~50代の男性が多くなっています。
  • 妊娠初期に感染すると胎児の先天性風しん症候群を発症する可能性があります。
  • 予防には予防接種が有効です。
  • 発熱、発疹等の症状があったら早めに医療機関を受診しましょう。

風しんの特徴

  • 風疹ウイルスによる感染症で、咳やくしゃみなどの飛沫で感染します。
  • 発熱、発疹、リンパ節の腫れなどが特徴です。
  • 風しんに対する免疫を持たない女性が妊娠20週頃までに風しんに感染した場合、胎児が目、耳、心臓に異常がある先天性風しん症候群を
    発症することがあり注意が必要です。

風しんの予防

  • 風しんには特効薬がないので予防接種を受けることが重要です。
  • 飛まつ感染予防のため、外出後の手洗い、うがいを心がけましょう。
  • 咳などの症状がある場合、外出時にはマスクを着用しましょう。
  • 風しんに今までかかったことがない、または予防接種歴が1回もない方はワクチン接種を検討しましょう。

予防接種について

風しんの予防には、MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)または、風しんワクチンの予防接種が有効です。


区内契約医療機関で下記の対応が受けられます(対象にご注意下さい)
○風しん抗体検査全額助成(先天性風疹症候群防止対策、19歳以上の区民)

  対象:風しんり患歴、2回以上の予防接種歴が無く、下記に該当する方
    女性 (1)妊娠希望者 (2)妊娠希望者の同居者 (3)抗体価が低い妊婦の同居者
    男性 (1)妊娠希望女性の同居者 (2)抗体価が低い妊婦の同居者

  [持参書類] 保険証、運転免許証等の住所が確認できるもの、ご自分の母子手帳
         男性の方は同居の女性の住所がわかるもの、同居の妊婦の風疹の抗体価がわかるもの



○風しん予防接種全額助成(上記「風しん抗体検査全額助成」対象者に限る)
  風しん抗体検査の結果、風しん抗体価が低かった方に対し、区内契約医療機関においてMRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)または、
  風しんワクチンの予防接種が受けられます。

※妊娠中の方は接種できません。また、接種後2か月程度は妊娠を避けるなど注意が必要です。
※詳しくは下記リンクをご参照ください。
厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/

乳幼児の予防接種

定期予防接種 23区内契約医療機関にて
MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)
対象者には、接種時期になる直前に予診票を個別送付します。

●第1期:1~2歳未満
(1歳になったら早めに受けましょう)

●第2期:小学校就学前1年
(小学校入学前の年の4月1日~入学する年の3月31日まで)


定期外予防接種(任意接種) 区内契約医療機関にて
MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)
対象:2歳から19歳未満でMRワクチンの定期予防接種が受けられなかった方
   保健予防課および品川、大井、荏原保健センターで母子手帳にて定期接種を受けていないことを確認し、予診票を交付いたします。

MRワクチン任意接種の助成制度のご案内(PDF : 133KB)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区保健所保健予防課
 電話:03-5742-9152
 FAX:03-5742-9158