グローバルナビゲーション

荏原第五地域センター開所式

更新日:2012年8月29日

区長らによるテープカット
外観荏原第五地区連合町会副会長による区民憲章唱和区長あいさつお祝いの演奏と舞1お祝いの演奏と舞2会場センター受付開所式
8月28日(火)、荏原第五地域センター・区民集会所(二葉1-1-2)の開所式が行われました。

地域センターは区内に13あり、地域のコミュニティ活動の核として、地域活動に関する業務のほか、各種証明書の発行、税や国民健康保険料の収納などの業務を行っています。
また、地域センターには区民集会所があり、地域やグループの集まりに利用されています。

今回建設・移転された荏原第五地域センターは、平成25年に開校予定の小中一貫校「豊葉の杜学園」との合築により、駅近くに設置することで利便性の向上を図り、利用者が使いやすい施設になりました。建物は三階建てで、どの部屋もガラス張りで明るく、目の前には地域の子どもたちに親しまれている「タコ公園」と東急大井町線下神明駅が見えます。

開所式には町会長をはじめ地区で活動する団体の代表、管内学校関係者など、およそ50人が出席して開所を祝いました。

まず初めに、荏原第五連合町会副会長の清水義男さんの発声で出席者全員による区民憲章唱和が行われました。続いて濱野区長が「この地域センターは、品川区初の学校と併設されている施設です。地域の子どもたちと大人たちがこの地域センターを介してふれあうことができると思います。どうぞこの施設を可愛がってください」とあいさつ。

その後、荏原第五地区連合町会会長の上田健次さんから「この施設が品川を代表するシンボルとなることを祈願します」とあいさつが行われたあと、テープカットが行われました。

会場では雅楽道友会・豊葉の杜中学校雅楽部と大間窪小学校の子どもたちが開所を祝う演奏と舞「浦安の舞」が行われたほか、廊下には二葉会の皆さんのすみ絵の展示もあり、地域センターの開所を地元の皆さんが手作りでお祝いしていました。

新しい地域センターの業務は9月3日(月)より始まります。

◆荏原第五地域センター・区民集会所
電話:3785-2000
交通:下神明駅徒歩2分
窓口受付時間:午前8時30分~午後5時
休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)