グローバルナビゲーション

西中延保育園でもちつき会

更新日:2015年1月9日

3歳児のもちつき
もち米の試食5歳児のもちつき1・2歳児のもちつきごっこもちの味付け獅子舞地域の方へもちのプレゼント
西中延保育園の1~5歳までの園児91人が1月9日(金)、日本の伝統行事であるもちつきを体験し、つきたてのもちを味わいました。

この「もちつき会」は、子どもたちが、日本古来の伝統行事に触れて興味や関心を持ってもらうことと、もちつきの体験を通して、もち米からもちに変化することに気付き、つきあげることの達成感を感じてもらうことを目的に、毎年実施されています。

もちをつき始める前、ふかしたばかりで粒が残ったままのもち米を園児たちが試食。「このお米がおもちになるんだよ」と職員から説明を聞くと、不思議そうにもち米を味わっていました。

用意されたもち米は、子ども用のもち 約150食分にあたる13キログラム(5臼分)。3~5歳児は、保育園職員に見守られながら、重い杵を振りかぶり「よいしょー、よいしょー」という元気のいい掛け声とともにもちをつきあげました。1~2歳児は、綿をもちに見立てた「もちつきごっこ」を体験。うまく“もち”をつけず、臼や床をたたく子どももいました。

つきたてのもちは、磯部・みたらし・きなこ・あんこの4種類に味付けされ、園児たちの昼食に。園児たちは、自分たちでついたもちを食べると「やわらかーい」「あまくておいしー」と、満面の笑みを浮かべていました。

また、5歳児たちが「おもちをつきました。たべてください」と言いながら、もちを近隣住民へプレゼント。もちを受け取った島崎文子さん(80)は「いつも保育園から元気をもらっているから、今まで健康に過ごせています。このおもちを食べて、100歳までがんばるわ」とうれしそうに話しました。

この日は、職員の手づくりによる獅子舞も行われ、園児たちは、正月らしい日本の伝統行事を友だちと一緒に楽しむことができました。