グローバルナビゲーション

戸越銀座商店街で節電イベント ぼんぼん廻りを開催

更新日:2015年7月14日

灯篭を覗き込む女の子
三味線演奏戸越銀座商店街ぼんぼん廻り灯篭
戸越銀座商栄会商店街で7月11日(土)、節電イベント「第7回ぼんぼん廻(めぐ)り」が開催されました。

「ぼんぼん廻り」は、商店街の街路灯や照明設備等をできる限り消して、節電や地球環境について考えようというもので、今回で7回目です。当日は、同商店街のある戸越銀座駅から中原街道までの約300メートルを全面通行止めにし、地域の方々が描いた約300基の灯篭(とうろう)の明かりで初夏のひと時を演出しました。

夏を迎え、節電に対する意識が高まる中、今年は約300基のうち約200基はLED電球を使用し点灯。

また、当日MYうちわを持参した先着200人に同商店街で使えるお買い物券(当日有効500円分)がプレゼント。さらに、浴衣着用の方先着100人に、TDRペアチケット、銀ちゃんグッズが当たる抽選会も行われました。他にも、同商店街近くの三味線教室が、灯篭の明かりを受けながら生演奏を披露。道行く人々は皆、足を止めて津軽三味線の迫力ある音色に酔いしれていました。

今回、初めて灯篭作りにチャレンジした小学1年生の女の子は「とてもきれいでしょ」と、足元を照らす灯篭を楽しそうに眺めていました。日中の暑さを忘れ、夕涼みを求めにきた大勢の方でにぎわいました。