グローバルナビゲーション

初秋の企画「はだしで遊ぶエバリンピック2」開催

更新日:2016年11月18日

青少年対策荏原第一地区委員会は10月29日(土)、初秋の企画「はだしで遊ぶエバリンピック2」を後地小学校体育館にて開催しました。
 昨年度から始まったこの企画は、事前申し込みを行わず、掲示板ポスターやチラシでお知らせし、当日参加受付をします。どれくらいの子どもたちが集まるか当日まで分かりません。地区委員のみなさんは、当日までドキドキです。
 
 いよいよ当日。朝早くから、元気な子どもたちが会場に足を運んでくれました。荏原第一管内3校に、京陽小学校、第一日野小学校の子どもたちも加え、計23名が参加。地区委員も合わせ、総勢52名でエバリンピック2はスタートしました。
子どもたちが体育館に集合地区委員さんが説明する様子子どもと大人たち
競技を開始する前にみんなで準備体操とダンスをしました。そして、3つのチームに別れ、いよいよ競技開始です。
 昨年度好評だった「しっぽとり」、「ハワイアンリレー」、「ヘイカモン」に、今回新たに「タマおくり」、「○×クイズ」を加え、計5種目を行いました。一つ一つ競技を終えていくうちに、学校や年齢を超え、チームは一致団結していきます。応援する声にも熱が入ります。競技をする子どもたちも応援の声を力に変え、競技に取り組みます。その姿はオリンピック選手に負けないくらい輝いていました。
 
 全種目を終えても、まだまだ動き足りない子どもたち。「楽しかった!」という声をたくさんもらいました。
 また、来年一緒に楽しもうね!!
準備体操をする子どもたち競技開始の様子ハワイアンリレー走る子どもたち

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

荏原第一地域センター
 電話:03-3786-2000
 FAX:03-3786-5385