グローバルナビゲーション

平成29年度荏原第四地区総合防災訓練を実施

更新日:2017年11月6日

平成29年11月5日(日)、荏原第四地区総合防災訓練(主催:品川区防災協議会荏原第四地区協議会)が源氏前小学校で行われ、荏原第四地区14町会の防災本部長以下、1157人が参加しました。

この訓練は、「自分たちのまちは、自分たちで守る」という町ぐるみの防災意識高揚と、配備されている防災資機材の使用について、技術の向上を図ることを目的に行われています。訓練には、昨年に引き続き、都立大崎高校防災部の生徒が参加しました。参加者向けに、除細動器AEDの操作説明を行い、とてもわかりやすくAEDの使い方を伝え、災害に対する備えが大切であることを多くの人が再確認する一助となりました。

・体験コーナー  1. 応急救護訓練    除細動器AEDの操作説明

         2. 初期消火訓練1   スタンドパイプによる訓練

         3. 初期消火訓練2   訓練用の消火器による訓練

         4. 地震体験車訓練  地震体験車に乗って地震を体験

・見学コーナー  1.展示コーナー(荏原消防署・荏原警察署・品川区防災課・東京都電気工事工業組合品川・目黒地区本部)

         2. 毛布と物干し竿による応急担架の作成

         3.医師・看護師・薬剤師・柔道整復師によるトリアージ訓練(*注)

         4.放水訓練でミニポンプ隊、区民消火隊、荏原消防団第七分団による模範演技

※トリアージとは・・救助、応急処置、搬送、病院での治療の際に、負傷者を重症度、緊急度などによって分類し、治療や搬送の優先順位を決めること

共催:荏原地区第四連合町会、荏原消防署、荏原警察署、東京消防庁災害時支援ボランティア、荏原消防団、荏原医師会、荏原薬剤師会、東京都柔道整復師会 、東京都電気工事工業組合品川・目黒地区本部
開会宣言AEDによる除細動器訓練スタンドパイプによる初期消火訓練消火器による初期消火訓練展示コーナーを見学する区民の方トリアージ判定後に応急担架で人形を運ぶ様子ミニポンプ隊と区民消火による隊放水訓練荏原消防団による模範演技

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

荏原第四地域センター
 電話:03-3784-2000
 FAX:03-3784-2601