グローバルナビゲーション

品川区の紹介 〜ようこそ「しながわ」へ〜

ようこそ「しながわ」へ

 品川区ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
 品川区は、東京湾に面した臨海部と山の手に連なる台地からなり、古くから交通、交易の拠点として栄え、考古学発祥の地としての有名な大森貝塚など歴史に名を残す史跡も数多くあります。江戸時代には東海道第一の宿として賑わい、明治時代に入ってからは、京浜工業地帯発祥の地として発展してまいりました。そして現在、羽田空港の国際化や、品川駅への新幹線の停車はもとよりリニア中央新幹線の乗り入れなど、再び交通、産業の拠点として重要な役割を担おうとしています。

「輝く笑顔 住み続けたいまち しながわ」

 品川区は品川地区、大崎地区、大井地区、荏原地区、八潮地区の5地区に大きく分けられ、それぞれに特徴があります。「住み続けたくなる」「出かけたくなる」と思えるような、地区ごとの魅力と代表的な場所を紹介します。

品川地区

 品川駅周辺や臨海部を中心に整備された商業地などの「新しさ・先進性」の魅力と、旧東海道品川宿の街並みや寺社仏閣、品川浦の水辺空間の「伝統・歴史性」の魅力を併せ持っています。古くから交通の要衝として、首都・東京の玄関口にふさわしい風情のある地区です。一方で天王洲アイルや品川シーサイドフォレストには、オフィスビル等が立ち、新しい品川の景観を生んでいます。
旧東海道 しながわ宿場まつり 天王洲アイル

大崎地区

 新宿・渋谷・臨海という他の副都心と鉄道でダイレクトにつながり、職・住・遊・学の拠点になっています。オフィスビルやマンションなどの高層ビルが立ち並ぶ中、目黒川の桜並木や旧藩邸の池田山公園やねむの木の庭などで日本らしい四季の彩りを楽しめ、多くの人々を楽しませています。ゲートシティ大崎などの複合高層ビル群と緑地が共存した副都心。池田山や島津山などの高台には閑静な住宅地があり、昔ながらの環境も残っています。
目黒川の桜  池田山公園の紅葉

大井地区

 大井町駅周辺には商業施設やホテル、文化施設、高層マンションなどが立ち、区役所の最寄り駅として区の中心拠点になっています。勝島運河沿いには地元住民や小学生たちの手による「しながわ花海道」が整備され、庶民的な水辺空間として親しまれています。また、レジャースポットとして人気のあるしながわ水族館、区民公園、大井競馬場、大森貝塚遺跡庭園、品川歴史館など、区内外から訪れる人が多く、楽しいひとときを過ごせるスポットがあります。
しながわ水族館 大森貝塚遺跡庭園 

荏原地区

 戸越銀座や武蔵小山、中延などの活気ある商店街が、まちの賑わいと利便性を支えることにより、住民の日常生活を豊かにしています。多くの住宅が立ち並ぶこの地域では、区の最重要課題として防災・減災対策が取り組まれ、どの世代も暮らしやすく安全・安心なまちづくりが進んでいます。また、みどり豊かな戸越公園や林試の森公園は住民の憩いの場になっています。
戸越銀座商店街 戸越公園 

八潮地区

 計画的に造られた大規模団地「八潮パークタウン」は、みどりと水辺に囲まれた住み心地の良い地区です。八潮団地周辺には大井ふ頭中央海浜公園や京浜運河緑道公園、東八潮には潮風公園といった大規模な都立公園があります。団地内には、保育園、学校、図書館、さらには学校跡地を活用した高齢者や障害者のための施設も準備されています。また、臨海部には国際物流の一大拠点である大井ふ頭のほか、東海道新幹線などの鉄道車両基地が累積しています。
京浜運河 新幹線車両基地