グローバルナビゲーション

社会を明るくする運動「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」

更新日:2017年6月29日

趣旨
 社会を明るくする運動とは、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする趣旨で、7月を強調月間として行われる全国的な運動です。

重点目標
 品川区では、この運動を効果的に推進するために保護司会、区内関係機関・団体と連携協力のもと推進委員会(委員長=品川区長)を設置し、運動の行動目標・重点事項を定め、運動を進めていきます。
  行動目標
   ・犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう
   ・犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう
 重点事項
   犯罪や非行をした人を社会から排除・孤立させるのではなく、再び受け入れることが自然にできる社会にするため
   ・出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと
   ・帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと
   ・薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること
   ・犯罪をした高齢者・障害者等が、社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること

 平成29年度実施内容
  7月 5日(水)街頭広報活動(区内主要駅および八潮団地)
 

関係協力団体(区内)

  • 品川区
  • 保護司会
  • 区政協力委員会
  • 青少年対策地区委員会
  • 民生委員協議会
  • 青少年委員会
  • 東京都薬物乱用防止推進品川地区協議会
  • 社会福祉協議会
  • 商店街連合会
  • 品川産業協会
  • 更生保護女性会
  • BBS会
  • 各警察署(湾岸警察署含む)
  • 品川児童相談所
  • 東京保護観察所
ほか多数の支援団体の協力を得て実施しています。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

地域活動課
 電話:03-5742-6687