グローバルナビゲーション

インフルエンザ流行状況

更新日:2017年12月11日

1. 発生状況

区内のインフルエンザ患者の報告数が増加しています。
東京都は11月30日に「インフルエンザ流行開始」を発表しました。
東京都全体の患者報告数は1,322人、定点あたり3.17人(前年同時期2.78人)でした。(48週現在)

品川区の発生状況
 49週(平成29年12月4日〜12月10日)
 品川区内の報告医療機関(定点医療機関)12カ所からの報告数は55人、定点あたりの患者報告数は4.6人でした。
 

  品川・八潮     大崎      大井          荏原       品川区全体
 定点数 

  2 

  2   

  3 

  5 

 12

 患者報告数

   3  

     2    

    14   

    36   

 55

    定点あたりの患者数    

  1.5  

    1   

    4.7   

 7.2

  4.6 

 小学校の学級・学校閉鎖

 0

 0

 2

 5

 7

 中学校の学級・学校閉鎖

 0

 0

 0

 0

 0


 ◆感染経路

 〇インフルエンザは、感染した人の咳やくしゃみで出たウイルスを含んだ飛まつ(しぶき)を口や鼻から直接吸い込むことによって感染します。
 〇また、ドアノブやリモコン、キーボード、マウスなどから人の手についたウイルスが、口などに入ることで感染する場合もあります。

インフルエンザに感染しない、させないため、マスク、手洗い、咳エチケットを忘れずに。


 

2.インフルエンザを予防するには

インフルエンザ予防のポイントは「手洗い」「咳エチケット」「予防接種」の3点です


 ◆手を洗いましょう

  外出後や出勤、登校、登園後には手を石けんと流水で手を洗いましょう。

  また、咳やくしゃみを手で押さえたり、鼻をかんだりした場合は、すぐに手を洗いましょう。
 
 ◆うつさない、ひろめないために咳エチケットを心がけましょう

  咳をすると、2〜3メートル、くしゃみをすると5メートル近く飛まつ(しぶき)が飛びます。

  咳などの症状がある場合は、周囲の人に感染を広めないためにマスクを着けましょう。

  咳やくしゃみをするときには、マスクやハンカチや上着の肘の部分で口と鼻を押さえましょう。

  インフルエンザは、症状が出る1日前から周囲への感染力があります。

  家族がインフルエンザと診断された場合や受診に同行する場合は、症状がなくてもマスクをして
  周囲への感染を予防しましょう。

  鼻水や痰などがついたティッシュペーパーは、もう一枚のティッシュペーパーで包んで捨てましょう。

 ◆予防接種を受けましょう 

 予防接種をすることで、インフルエンザの感染を予防することはできませんが、ある程度の
 発症を防ぐだけでなく重篤な合併症を防ぐことができます。 

 高齢者や慢性の病気をお持ちの方には、特にお勧めします。
 接種の際には、かかりつけ等の医師とよく相談してください。

3.病院にかかる際には


 なるべく平日の昼間に受診をするようにしましょう。

 患者さん本人、付き添いのかたはマスクを着けて受診しましょう。

 インフルエンザ迅速診断キットは、医師の判断で実施され、症状が出て間もないと
 ウイルス量が少ないため陽性と判定されないことがあります。

 休日・夜間における品川区内の応急診療所については、広報しながわに掲載されています。

 かかりつけ医がいない場合やかかりつけ医が休診の場合などは東京都医療機関案内サービス相談
 「ひまわり」をご活用ください。 
   電話:03-5272-0303

4.自宅で療養する時の注意点  


 ◆睡眠を十分にとりましょう。

 ◆発熱した場合は、脱水症状を防ぐために水分をこまめに十分にとりましょう。

 ◆部屋の湿度を保ちましょう。

 ◆消化のよい食べ物で栄養をしっかり摂りましょう。



5.自宅で看病をする時の注意点


 ◆看護をする方を家族内で決めておきましょう。

 ◆看護をする時には、患者さんと介護にあたる方の両方がマスクを着けましょう。

 ◆患者さんの使ったティッシュペーパーなどは、ビニール袋に入れ捨てましょう。

 ◆患者さんの触れたところは、患者さんの症状が出てから約1週間はアルコールなどで
  消毒しましょう。

 ◆患者さんの看護をしたあとは流水と石けんで手を洗いましょう。

6.インフルエンザに関するリンク先

 東京都および全国のインフルエンザの流行状況や、Q&Aは下記のリンク先をご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

 品川区保健所保健予防課

 電話03-5742-9153 FAX03-5742-9158