グローバルナビゲーション

住宅改善工事助成事業(エコ&バリアフリー住宅改修)

更新日:2016年3月30日

 

  • 区民の方、マンション管理組合または賃貸住宅個人オーナーの方が既存住宅について区内施工業者を利用して、環境やバリアフリーに配慮したリフォーム工事を行う場合に、工事費用の一部を助成します。
  • 申し込みは必ず工事前に行ってください。
  • 申し込みにあたっては、「住宅改善工事助成事業のご案内」を必ずご覧下さい。

助成の概要

<助成金額>

 

助成率

上限額 

 区民

 工事費用(消費税抜きの額)の10%

 20万円

 マンション管理組合、賃貸住宅個人オーナー

 工事費用(消費税抜きの額)の10%

 100万円

 

<申込期間>

平成28年4月1日(金)から平成29年2月28日(火)まで  

※ただし、工事完了は平成29年3月31日(金)までです

※助成金交付額が予算総額に達した時点で受付を終了します

 

 

申し込みできる方

《次に掲げる要件を満たしている方》

共通の要件

 1   この制度を初めて利用すること
 2   予約申込時点で着工前で、平成29年3月31日(金)までに助成申請書類を提出できること
 3   区内施工業者に発注して行う工事であること
 4  助成対象工事費用(消費税抜き)の総額が10万円以上であること
 5   助成対象工事について他の助成制度を利用していないこと
 6  建築基準法その他の関係法令に適合していること
 7   建築確認が必要な工事の場合は、原則として品川区建築課で取得すること

区民の場合

 1  品川区民である
 2   工事対象住宅(区内)に居住していること、または改修後に居住すること
 3  前年所得(所得税法に規定する前年の合計所得金額)が1200万円以下であること
 4  住民税を滞納していないこと
 5  工事対象住宅が賃借の場合は対象工事について所有者から承諾を得ていること

マンション管理組合の場合

 1   品川区内の分譲マンションであること
 2  助成対象工事(マンション共用部分の工事)について、総会等で区分所有者の承認を得ていること

賃貸住宅個人オーナーの場合

 1  自己所有賃貸住宅(区内)について対象工事を行うこと
 2  前年所得(所得税法に規定する前年の合計所得金額)が1200万円以下であること
 3   住民税を滞納していないこと

 

対象工事

<既存の住宅に対して行うリフォーム工事で、次に掲げるもの>

エコ住宅改修

 1  LED照明器具設置
 2  遮熱性塗装
 3  日射調整フィルム設置
 4  断熱化
 5  高断熱浴槽設置
 6  節水型便器設置
 7  換気設備新設
 8  環境に配慮した内装材使用
 9   その他、環境に配慮した工事

バリアフリー住宅改修

 1  手すり設置
 2  段差解消
 3  廊下や出入口の拡張
 4  扉改修
 5  浴室改修
 6  トイレ改修
 7   その他、バリアフリーに配慮した工事

その他の工事

 1  屋根の軽量化
 2  外壁耐火パネル設置
 3  防犯ガラスや扉等の設置
 4  家具転倒防止器具の設置
 5   その他、耐震性を高めるための工事

※その他に、上記の工事のいずれかと同時に行う工事も助成の対象となります。

 

<申請方法や対象工事の詳しい内容については、「住宅改善工事助成事業のご案内」をご覧下さい>

 

 

 

その他、品川区では区内の建設組合4団体で構成される「品川区住宅センター協議会」を通じて、地元の施工業者を紹介しています。

品川区役所への交通案内

 

ページの先頭へ戻る

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

住宅課住宅運営担当
電話:03−5742−6776(直通)

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。