グローバルナビゲーション

品川区の感染症発生動向調査

更新日:2018年2月19日

感染症の発生動向調査情報

感染症

今週のコメント7週(平成30年2月12日から平成30年2月18日)
1.全数情報
  結核の報告が3件ありました。
  カルバペネム耐性腸内細菌感染症の報告が1件ありました。
  後天性免疫不全症候群(HIV感染症)の報告が1件ありました。

    ※都内で、麻しん、風しんの報告はありませんでした。(6週現在) 

2.定点情報
   (1) 小児科定点(週1回)
      今週報告のあった感染症は以下のとおりです。
      詳しくは下記「東京都感染症情報センター」をご確認ください。

 病名

  5週  

6週 

   7週  

 不明発しん症      0      1

     0

 MCLS(川崎病)      0

     0

     0
 インフルエンザ

   337  

   260

   120 

 咽頭結膜熱

     1

     4      3
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

     9   

    16      

     8   

 感染性胃腸炎

    52 

    37 

    34 

 水痘

     1 

     1       4
 手足口病      1      0       0
 伝染性紅斑

     2

     2      1
 突発性発しん      1

     3

     4
 百日咳      -      -      -
 ヘルパンギーナ      0       0       0
 流行性耳下腺炎      0      1

     0

 RSウイルス感染症      0 

     2 

     0

※ 冬に流行する感染性胃腸炎の報告が増えています。
   インフルエンザは報告数が減少していますが、区内すべての地域で患者が報告されていますので、当分の間注意が必要です。
    詳しいことは「東京都感染情報センター」のホームページをご覧ください。
百日咳は平成30年1月1日から、全数把握対象疾患に変更になりました。

 
  (2) 眼科定点(週1回)
     報告はありませんでした。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区保健所 保健予防課
 電話03-5742-9153 FAX:03-5742-9158

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。