グローバルナビゲーション

はじめて介護サービスを利用する場合に必要な手続き

更新日:2015年3月30日

食事、入浴、排泄などの身体介護や調理、洗濯、掃除などの生活援助が必要となり、介護サービスを利用する場合には、最初に品川区に対して要介護認定・要支援認定申請を行う必要があります。
申請から認定までの流れ

       1.要介護認定・要支援認定の申請
                ↓
       2.認定調査員による訪問調査の実施
                ↓
       3.主治医による主治医意見書の作成
                ↓
       4.介護認定審査会における要介護状態区分の審査判定
                ↓
       5.申請者に対する認定結果通知の送付

認定結果後に介護サービスを受ける場合
  • 在宅サービスを希望する方は、サービスを受ける前にケアプランの作成が必要です。
  •  在宅生活で要介護1〜5と認定された方は、在宅介護支援センターまたは居宅介護支援事業所のケアマネジャーと相談して、どのようなサービスをどのくらい利用するかというケアプランを作成します。
  • 在宅生活で要支援1〜2と認定された方は、在宅介護支援センターの予防担当ケアマネジャーと相談し、予防ケアプランを作成します。
  • その後、サービス事業者と利用契約をして、ケアプランに基づいてサービスを利用します。
  • 要介護・要支援認定申請のQ&A(よくあるご質問)

    ※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
    用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

    お問い合わせ

    高齢者福祉課 高齢者支援第1、2係
    電話 5742-6729・6730

    高齢者福祉課 介護認定係
    電話 5742-6731