グローバルナビゲーション

平成25年度協働事業提案制度の審査結果について報告

更新日:2015年3月30日

   区では、基本構想の理念の一つである「区民と区との協働で『私たちのまち』品川区をつくる」を推進するため、区が直面する行政課題に対して、区民の方からの自由な発想や専門性等を活かした事業を提案していただく「協働事業提案制度」を実施しています。今年度の課題に対し、提案された事業については審査委員会での審査を経て、平成26年度に実施する予定の協働事業が採択されましたので、報告します。なお、実施の実施については区の予算成立(3月)をもって決定となります。

   (1) 区が提起する課題

    *外国人住民の地域活動への参加拡充

    *若年者の雇用対策と雇用のミスマッチを解消するための方策

    *人とペットが共存できる環境づくりについて 

   (2)提案できる団体

      品川区内で活動する団体(町会・自治会、ボランティア団体、NPO、商店街、公益法人、社会貢献活動を行う民間事業者等)

   (3) 事業の要件

      ・区の課題に的確に応えた事業

      ・公益性のある事業であって、一定の課題の解決や社会的要請に応えることができ、具体的な成果が見込まれる事業

      ・区民と区との協働で効果が高まると見込まれる事業

      ・提案の翌年度までの間に提案者によって実施することが可能な事業

      ・予算の見積もりが適正な事業

      ・先駆性、新しい視点・アイディアなどが含まれている事業

2.公募期間

   平成25年5月11日〜平成25年6月28日

審査、選考について

提案された事業は、「品川区協働事業提案制度審査委員会」で、第一次審査(書類審査)、第二次審査(事業提案説明)を経て選考されました。

1.審査の流れ

   ・第一次審査(書類審査)  平成25年7月25日(木)

   ・第二次審査(面接審査) 平成25年8月29日(木)

2.審査会の構成(8名)

   学識経験者2名、公益活動実践者1名、公募委員2名、区職員3名

3.審査基準の視点

   (1)事業の目的 
   (2)区民ニーズ把握  
   (3)協働の必要性、効果 
   (4)事業の具体性・実効性 
   (5)団体の強みの発揮・活用
   (6)予算の妥当性

審査結果

1.選考結果

課題

提案件数

第一次書類審査

第二次最終審査

外国人住民の地域活動への参加拡充

2件

2件

1件    

若年者の雇用対策と雇用のミスマッチを解消するための方策 1件 0件  0件 
人とペットが共存できる公園の環境づくりについて  0件  0件  0件 

2.選考結果内容

   (1)採択事業 1事業 

                 事業名

            提案団体名

外国人親子を切り口とした外国人住民の地域活動への参加拡充事業

英KIDS

【採択理由および注意事項】
本提案事業は、既に実施している交流事業を発展させ、外国人親子の参加・異文化理解の促進といった切り口で新しい挑戦をしていく意欲的な事業と判断し、採択する。
 将来的に地域活動への参加を計画している外国人住民に対し地域活動実施のノウハウ支援などにも今後大いに期待したい。
 事業内容は、区との協働で行うことを意識し、既存の事業の反復とならないように所管課と十分協議し、詳細を決定していくこと。
 その際、外国人親子の参加が事業の根幹となるため、少なくとも半数程度は外国人親子の参加を前提とするなど、十分に留意・検討を進めること。
 また、インターネットでの情報提供の内容や方法についても、より効果的にできるよう所管と連携・協議のうえ進めること。

 

   (2)第二次審査不採択事業 1事業    

 事業名

            提案団体名

外国人住民の地域活動への参加拡充

任意団体 

【理由】
 本提案事業は、情報伝達が第一の目的となっており、区としても重要な事項であると認識を持っている。しかしながら貴団体独自の行動の内容が示されておらず「外国人住民の地域活動への参加拡充」という課題に対し、提案が直接課題解決につながらないと判断し不採択とする。
 提案内容の団体を越えた横断的な情報発信は、重要な着眼であり、区単独では行いにくいものである。本提案事業のアイデアについては、意欲的であり、地域に根ざした提案団体の資源・強みを活かすことのできる企画であると考える。
 今後この強みと特色を活かして外国人住民とより積極的に関係を築き、よりきめ細やかな情報発信や外国人へのアプローチを行い、外国人の地域活動への参加につなげていっていただくことを期待したい。 

 

   (3)第一次審査不採択事業 1事業    

 事業名

            提案団体名

つまずく若者を放置しない「しながわ若者キャリア相談室」の開所、および「若者支援員(ユースワーカー)」による伴走型就労支援事業

特定非営利活動法人

【理由】
 既存の若者の就労支援だけでは、十分に成果を上げられない層もいるという認識は重要であり、区の認識と合致している。
伴走型の就労支援という形態やシルバー人材の活用など新しい取り組みへの企画は大いに評価できる点である。
相談室の開所の必要性は一定程度あると考えるが、貴団体が相談室開所そのものを担うことは貴団体が今まで積み上げてきた専門性や強みを活かすものか、疑問を感じる。
相談所を開設して行う若者支援において、相談所にターゲットとなる若者を呼び込むことが容易ではないと考えられるが、相談所を開設して利用者をどのように呼び込むのかという視点がなく、実現性が低いと考えられる。
貴団体がどういう形で専門性や強みをいかして区と協力・協働できるかという視点でご提案をしていただきたかった。

 

 

3.採択事業の実施

   (1)実施決定  平成26年3月予定(平成26年度予算成立)

   (2)実施期間  平成26年4月1日〜平成27年3月31日

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

地域活動課 協働推進係
 電話:03-5742-6605(直通)