グローバルナビゲーション

品川区地球温暖化防止対策実行計画(第二次) 〔平成19〜24年度/品川区役所の二酸化炭素(CO2)排出量公表〕

更新日:2016年3月4日

品川区地球温暖化防止対策実行計画(第二次)とは

概要

 地球温暖化とは、本来、宇宙へ放出されるはずの地上からの熱を吸収して大気の中に溜めてしまい、その結果として大気の温度を上昇させてしまう現象です。 その主な原因は、人間の活動により排出された温室効果ガスといわれています。
 2002年3月策定の「品川区環境配慮率先実行計画」の期間終了に伴い、引き続き品川区が一事業者として地球温暖化防止のために温室効果ガスの排出量を把握・抑制することを目的として、この第二次計画を策定しました。
 区が行う事務・事業(委託・指定管理を含む)により排出される二酸化炭素(CO2)排出量を把握し、計画的削減を目指しています。

期間

 平成19年度〜平成24年度(1年間延長)

目標

 平成18年度を基準年度として、計画期間中にCO2排出量を6%削減します。
 対象(算定)エネルギーは電気・ガス・燃料とします。

数値報告

 以下の3項目について報告します。
 ・ 「エネルギー使用量」
 ・ 「CO2排出量(実排出量)」
 ・ 「CO2排出量(排出係数基準年固定)」

 算定式 : エネルギー使用量 × CO2排出係数 = CO2排出量

計画文書 

エネルギー使用量

品川区役所全体のエネルギー使用量

電気使用量
 (キロワットアワー)

ガス使用量
(リッポウメートル)

燃料使用量
(リットル)

基準年度
(平成18年度)

58,312,869

3,845,839

364,831

平成19年度

58,733,360

4,140,185

447,989

平成20年度

56,717,580

3,911,752

433,666

平成21年度

54,439,947

3,572,364

404,029

平成22年度

60,721,352

4,046,440

406,547

平成23年度

51,002,124

3,922,617

372,405

平成24年度

55,565,925

4,083,256

346,239

基準年度比
(%)

-4.71

+6.17

-5.10

 

CO2排出量(実排出量)

 品川区役所全体のCO2排出量(実排出量)

      算定式 : エネルギー使用量 × 年度により変動するCO2排出係数 = CO2排出量 

         

 

電気使用量
(kg-CO2)

ガス使用量
(kg-CO2)

燃料使用量
(kg-CO2)

合計
(kg-CO2)

基準年度
(平成18年度)

21,370,393

7,999,345

845,990

30,215,728

平成19年度

19,810,427

8,611,585

1,049,331

29,471,343

平成20年度

23,976,585

8,136,444

1,017,163

33,130,192

平成21年度

22,617,081

7,430,518

953,903

31,001,502

平成22年度

23,013,628

8,416,596

965,772

32,395,996

平成23年度

18,805,936

8,159,044

884,342

27,849,322

平成24年度

25,299,986

8,493,172

821,924

34,615,082

 

実排出量算定に用いたCO2排出係数

      CO2排出係数は下表のとおりとします。
      (電気使用による排出係数は、年度により変動する係数を採用します。)

 

平成18年度

平成19年度

平成20年度

平成21年度

平成22年度 

平成23年度 

平成24年度 

 電気

 0.368

0.339

0.425

0.418

0.384

0.375

0.464

 

ガス

ガソリン

軽油

灯油

LPG

CNG

 ガス燃料

 2.08

2.32

2.62

2.49

3.00

2.08

ページの先頭へ戻る

CO2排出量(排出係数基準年固定)

品川区役所全体のCO2排出量 (排出係数基準年固定)

      算定式 : エネルギー使用量 × 基準年固定のCO2排出係数 = CO2排出量 

 

電気使用量
(kg-CO2)

ガス使用量
(kg-CO2)

燃料使用量
(kg-CO2)

合計
(kg-CO2)

基準年度
(平成18年度)

21,370,393

7,999,345

845,990

30,215,728

平成19年度

21,500,918

8,611,585

1,049,331

31,161,833

平成20年度

20,769,397

8,136,444

1,017,163

29,923,004

平成21年度

19,917,716

7,430,518

953,903

28,302,136

平成22年度

22,056,907

8,416,596

965,772

31,439,275

平成23年度

18,455,962

8,159,044

884,342

27,499,348

平成24年度

20,072,096

8,493,172

821,924

29,387,192

基準年度比
(%)

-6.08

+6.17

-2.85

-2.74

平成24年度
構成比率
(%)

 68.30 

 28.90

 2.80

 100.00   

目標値
(-6%)

20,088,170

7,519,384

795,231

28,402,785

 

基準年固定のCO2排出係数

      CO2排出係数は下表のとおりとします。
      (電気使用による排出係数は、基準年度である平成18年度の算定に用いた0.368に固定します。)

 

平成18年度

平成19年度

平成20年度

平成21年度

平成22年度 

平成23年度 

平成24年度 

 電気

 0.368

0.368

0.368

0.368

0.368

0.368

0.368

 

ガス

ガソリン

軽油

灯油

LPG

CNG

ガス燃料

2.08

2.32

2.62

2.49

3.00

2.08

 

ページの先頭へ戻る

実績評価

平成24年度の実績(基準年度比)

エネルギー使用量

  電気は4.71%減少しました。
  ガスは6.17%増加しました。
  燃料は5.10%減少しました。

CO2排出量(排出係数基準年固定)

  電気は6.08%減少しました。
  ガスは6.17%増加しました。
  燃料は2.85%減少しました。

 

期間全体の目標達成状況

  最終年度である平成24年度のCO2排出量は、合計29,387,192kg-CO2で、基準年度比(平成18年度)では2.74%の削減という結果となりました。

  本計画では、CO2排出量を基準年度比6%削減することを目標としており、排出量の約7割を占める電気は目標を達成したものの、全体としては目標を達成できませんでした。

  平成23年度は、東日本大震災直後で緊急避難的節電等の効果により8.99%削減でき、目標を達成しましたが、平成24年度は電力需給状況が
緩和されたため、区民の安全を図り、サービスを低下させない方針としたため、排出量が増加しました。

  平成25年度からは「品川区地球温暖化防止対策実行計画(第三次)」により、引き続き節電をはじめ、サマールック・ウォームビズのキャンペーン
等、各種省エネ行動に積極的に取り組むほか、施設・設備の更新時に省エネ化を図るなど、地球温暖化防止のためにCO2削減を図っていきます。
  

ページの先頭へ戻る

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

環境課 環境管理係
 電話:03-5742-6749

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。