グローバルナビゲーション

道路交通法の一部を改正する法律施行(平成26年6月1日施行)

更新日:2016年11月30日

平成25年6月に改正された道路交通法の一部が、平成26年6月1日に施行されました。主な改正点は、以下のとおりです。

※下記以外にも、改正された道路交通法が施行されます。詳細については、警視庁のホームページ等でご確認ください。

一定の病気などに係る運転者対策

免許の取得・更新時に、政令で定める一定の病気などの症状に関する「質問票」の提出が義務づけられます。

【虚偽の記載】1年以下の懲役または30万円以下の罰金

※「質問票」の記載内容により免許取り消しとなった場合でも、病状が快復し免許を再取得できる状態になった際には、試験の一部が免除されます(取り消しとなった日から、3年以内)。

悪質・危険運転者対策

免許が失効したため免許の取り消しを受けなかった者などの運転免許の再取得には「取消処分者講習」の受講が必要となります。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川警察署:電話03-3450-0110(代表) 大井警察署:電話03-3778-0110(代表)  大崎警察署:電話03-3494-0110(代表)

荏原警察署:電話03-3781-0110(代表)  東京湾岸警察署:電話03-3570-0110(代表)

※お問い合わせは各警察署交通総務係へ