グローバルナビゲーション

特定個人情報保護評価について

更新日:2016年9月28日

特定個人情報保護評価とは

マイナンバー制度の導入にあたっては、個人のプライバシー等の権利利益が侵害されることを未然に防ぎ、国民の信頼を確保するための措置が講じられています。特定個人情報保護評価は、番号制度の枠組みにおける保護措置の一つです。国の行政機関や地方公共団体等が、個人番号を含む個人情報のファイル(これを「特定個人情報ファイル」といいます。)を保有する場合に、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測したうえで、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講じることを、自ら宣言するものです。評価は、特定個人情報ファイルを取り扱う事務について、「特定個人情報保護評価書」を作成する形で行います。 

※特定個人情報保護評価についての詳しい内容は、個人情報保護委員会のホームページをご覧ください。

個人情報保護委員会に提出した評価書

品川区では、番号法等の定めるところにより、特定個人情報保護評価を順次実施しています。これまでに個人情報保護委員会に提出した評価書は以下のページのとおりです。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

情報推進課 番号制度担当
   電話:03-5742-6619