グローバルナビゲーション

「個人住民税の特別徴収」の推進(平成29年度から徹底)

更新日:2016年1月15日

東京都および都内全62区市町村は、安定した財源の確保と納税者の利便性向上を図るため、特別徴収の推進に取り組んでいます。

平成29年度から原則としてすべての事業主の方に、特別徴収義務者の指定を実施しますので、ご理解・ご協力をお願いします。

特別徴収とは

事業主(給与支払者)が従業員(納税義務者)に代わり、毎月従業員に支払う給与から個人住民税を差し引き、納入していただく制度です。

所得税の源泉徴収義務のある事業主は、特別徴収義務者として、個人住民税を特別徴収で納入することが法律で義務付けられています(地方税法第321条の4)。

ぜいきりん(336×346)
  個人住民税PRキャラクター ぜいきりん

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

税務課課税担当 03-5742-6663〜6