グローバルナビゲーション

医療廃棄物の処理

更新日:2016年3月23日

 事業者はその事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理することと定められています(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)。
ただし、下記の条件を満たしていれば「収集・運搬」を区に依頼することができます。医療廃棄物を区に依頼する場合は事前に清掃事務所へ申請し、承認を得ることが必要です。

○対象医療機関

 1.常時勤務する従業員数が20人以下の医療機関
 2.排出日量が平均40キログラム未満の医療機関
   (衛生検査所、医療関係研究機関は除く)
   ※1・2どちらかに該当する医療機関が対象です

○区が収集・運搬ができる廃棄物

 1.感染性廃棄物を医療機関内で法定の滅菌方法により処理したもの
   (注射針などの鋭利な物については、滅菌処理するのみでなく破砕する等の形状にし、滅菌されたことが明らかなもの)
 2.非感染性廃棄物
   (感染性廃棄物と同等の取扱いとなるものは除く)
 3.非医療廃棄物
   (病院の待合室や事務室から生ずる紙ごみや雑誌類)
 

○清掃事務所へ依頼する場合の手続き

  「医療廃棄物処理申請書」に必要事項を記入し、清掃事務所に提出をしてください。承認期間は2年間となっており、2年毎に清掃事務所
 へ事前申請することが必要となります。
  詳しくは清掃事務所までお問い合わせください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区清掃事務所
許可指導係
電話:03-3490-7034