グローバルナビゲーション

「ながらスマホ」は危険

更新日:2017年3月15日

「ながらスマホ」はやめましょう

スマートフォンを操作しながら歩いたり、車両を運転するなどの「ながらスマホ」は非常に危険です。

この行為は、視野を極端に狭くし、注意力を散漫にさせるもので、事故を誘発させる可能性が高くなります。また、歩行者であっても、他の人にぶつかって思わぬ大事故を起こしてしまう可能性があり、交通安全上非常に危険な行為です。

自動車、二輪車、自転車など車両を運転しながらのスマートフォンの使用は違反行為です、絶対にやめましょう。また、歩行者がスマートフォンを操作する際は、他の人に迷惑のかからない安全な場所で操作するようにしましょう。

区では、区内各警察署と連携して啓発活動を実施しています。交通事故防止のため、区民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

区と警察署が合同で実施した「ながらスマホ」防止啓発活動

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

土木管理課交通安全係
  電話:03-5742-6615