グローバルナビゲーション

目黒駅前地区認可保育所整備・運営事業者の選定

   区では総合的な待機児童対策により、保育の受け入れ枠を拡大してきましたが、乳幼児人口および認可保育園の入園申込み者数の増加により、保育需要は高まっています。
   そこでこのたび、目黒駅前地区市街地再開発組合から地域貢献施設として区に譲渡される予定の区分所有建物を、待機児童対策のために保育所の用途として貸し付けることとし、私立認可保育所を整備・運営する事業者を簡易型プロポーザル方式により公募で選定を行いました。
   公募の結果、7事業者から応募を受け、審査を行い、下記のとおり整備・運営事業者を選定しました。

 ◆選定事業者

  1. 整備・運営事業者
    社会福祉法人 東京児童協会   理事長 菊池 政幸
    東京都江戸川区船堀2-23-10

◆事業内容

  1. 開設地
    場所 : (仮称)目黒駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 オフィス棟3階
                 品川区上大崎三丁目(以下住居表示未定)
    専有面積 : 732.29平方メートル(壁芯)
  2. 開設予定時期および期間
    開設時期 : 平成30年4月(予定)
  3. 計画概要
    施設種別 : 児童福祉法に定める認可保育所(私立)
    運営形態 : 民設民営型保育所
    定員 : 120人(予定)
    年齢構成 : 0歳児から5歳児

◆選定理由

  1. 法人の運営実績
     当法人は、昭和35年に設立し、平成28年度現在、民設民営認可保育所9園、公設民営認可保育所2園、民設民営認定こども園1園、公設民営認定こども園1園を運営し、平成29年4月に民設民営認可保育所1園、民設民営認定こども園1園の新規開設を予定している。いずれも都内の施設であり、区内における保育所の開設実績はないものの、東京近郊における保育所運営については十分な実績がある。既存園においては、障害児保育や一時預かり事業といった特別保育事業にも積極的に取り組んでいる。
  2. 事業内容
     保育目標のひとつに「自ら考え、判断し、行動しようとする子どもを育む」ことを掲げるなど、当法人の理念が区の乳幼児教育の理念やこども像と合致し、保育課程および指導計画も綿密に策定している点が評価できる。職員確保においては、保育士養成校への講師(保育士)派遣を通じて優先的に職員の紹介を受けるなど、有能な職員確保への地道な取り組みが見られる。また、職員配置においては、施設長は、施設長経験があり法人の理念等を十分理解している者とし、看護師については、保育所経験が1年以上ある人材を配置するなど、細やかな配慮が見られる。
     また、保育所の開設および運営にあたっての近隣に対する配慮として、工事運搬車両が通るルートを含めた十分な範囲における説明会の実施を予定するなど、工事着工前、工事期間中および工事終了後のそれぞれについて具体的な配慮を提案しており、地域および再開発建築物内において、良好な関係を構築し、長く愛される保育所となることが期待される。
  3. 施設整備計画
     年齢別保育を基本としながら、中央に多目的に使用できるホールを配置し、ビル内でありながら動的な活動を可能とするなど、園庭がない環境下でも子どもが健やかに過ごせる工夫が見られる。また、再開発建築物において重視される外観上の統一感についても配慮が見られる。

◆選定方法

  提案により第一次審査会および第二次審査会を経て、各事業者の提案内容、事業実績、財務経営状況の審査を実施。また、選定にあたり選定会議を設置し、事業者の適格性などを総合的に審議し、運営事業者の選定を行った。

 

  1. 公募期間(手続開始の公表)            平成28年9月30日(金)〜10月12日(水)
  2. 公募説明会                                    平成28年10月21日(金)
  3. 第一次審査会                                 平成28年11月25日(金)
  4. 第二次審査会事業者の保育所視察      平成28年12月1日(木)
  5. 第二次審査会                                 平成28年12月9日(金)
  6. 選定会議                                       平成28年12月15日(木)
  7. 運営事業者決定                              平成28年12月19日(月) 

お問い合わせ

保育課 開設・指導係
電話:03-5742-6936
FAX:03-5742-6350