グローバルナビゲーション

生涯学習講義のインターネット配信「カブキ者の時代‐桃山時代の文学と芸能‐」

更新日:2017年3月15日

平成28年度杉野学園公開講座(品川区共催)「カブキ者の時代‐桃山時代の文学と芸能‐」のインターネット配信

内容

戦国時代が終わり徳川幕府の支配が確立するまでの、いわゆる「桃山時代」と呼ばれる時期、復興した京都の町には、新しいさまざまな芸能・風俗が花開きました。そのありさまは数々の文学作品に描写され、また、17世紀初頭に製作された多くの風俗画からもうかがい知ることができます。それらに登場する、最先端の風俗に身をつつみつかの間の自由を謳歌していた人々(芸能者・遊女・カブキ者など)の姿を紹介します。支配者目線の歴史叙述からは見えてこない、自由で猥雑な民衆の精神を実感していただければと思います。

 

講師

伊藤 高広 (杉野服飾大学 講師)

講師の顔 会場風景

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

文化観光課 生涯学習係

03-5742-6837