グローバルナビゲーション

平成29年度地域振興基金を活用した区民活動助成制度の審査結果について報告

更新日:2017年4月10日

地域振興基金を活用した区民活動助成制度の概要

  品川区では、豊かな地域づくりをめざし、様々な社会貢献活動や公益活動をおこなっている区民団体を支援するため、区民、事業者の皆様からの寄付金を積み立てて、そのなかから活動資金を助成していくしくみとして、地域振興基金を設置しています。
 この基金を原資とし、公益活動に取り組んでいる区民団体がおこなう地域課題や社会的課題解決に向けた事業に資金面から支援することによって、区民による多様な公益活動の活性化をめざします。

 平成28年度から、従来の助成制度に加え、スタートアップ助成コースを新設しました。

◆地域振興基金とは
 地域課題や社会的課題解決に取り組んでいる区民活動団体の事業に資金助成をおこなうために、平成20年3月に「地域振興基金」を設置しました。これは区民の皆さんから区民活動を応援するための寄付金を募り、その寄付金を地域振興基金に積み立て、そこから毎年、区民活動に助成していくというものです。

◆広く品川区民を対象とした事業を募集
 地域課題や社会的課題解決に取り組んでいる区民団体の事業を1月11日から2月9日まで募集しました。

審査の経緯

 地域振興基金を活用した区民活動助成制度助成金交付対象事業は、「地域振興基金活用推進会議」で、2回の審査会を経て選定されました。

1. 委員構成

  学識経験委員長  1名
  副委員長     1名
  公益活動実践者  1名
  公募委員     2名
  区職員      2名       計 7名

 

2.地域振興基金を活用した区民活動助成制度に関わる審査スケジュール 

審査会

開催日

内容

  第一次審査会 

 平成29年3月2日

       書類審査

  第二次審査会

 平成29年3月16日

       面接審査

 

3.審査方法

 各委員が第一次審査、第二次審査ともに審査基準の項目ごとに評価し、審査、選定を行いました。    

審査基準

審査項目

審査基準

(1)事業の目的 ・ 事業の目的が明確であるか、具体的に示されているか 

・ 地域ニーズや地域課題、社会的課題を具体的に把握し示されているか

・ 多くの区民にとって有益な、公益性のある事業目的となっているか

(2)事業の内容

・ 事業の内容が具体的で、目的と整合したものになっているか

・ 実施体制や責任体制が明確であり、実施内容と組織体制が整合しており、継続的な事業実施が期待できるか

・ スケジュールが具体的で、実現可能な計画になっているか

(3)事業の効果

・ 事業目的に合致し、成果が具体的に(数値、指標、状態など)示されているか

・ 事業を遂行することにより、団体の自立、成長、能力向上が期待できるか

(4)予算の妥当性

・ 実現可能性の高い予算で、収支のバランスがとれ、費用の使途は事業目的に対し妥当か

・ 積算根拠が具体的かつ妥当に記載されているか

審査結果

結果は下記のとおりです。

 

申請事業             14事業 (スタートアップ助成4事業、チャレンジ助成10事業)

第1次書類審査で選定された事業   13事業 (スタートアップ助成4事業、チャレンジ助成9事業)

第2次面接審査で選定された事業   12事業 (スタートアップ助成4事業、チャレンジ助成8事業)

 

過去の審査結果

   過去の審査結果一覧です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

地域活動課 協働推進係
 電話:03-5742-6693(直通)