グローバルナビゲーション

品川区内の医療機関で誤った方法で行われていた予防接種について

更新日:2017年5月17日

誤った方法で実施された予防接種の経緯

 品川区が予防接種事業を委託しているケルビムこどもクリニック(品川区東五反田5)において、平成29年4月13日、
区民から品川区保健所へ「子どもの予防接種で、数種類のワクチンを混ぜて接種していたが大丈夫か」とのお問い合
わせがあり、翌4月14日、同クリニックを調査し、MR(麻しん・風しん)ワクチン、水痘(水ぼうそう)ワクチン、
おたふくかぜワクチンの3種類を混合した接種や、四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)ワクチン
とヒブワクチンを混合した、誤った方法での予防接種を平成21年4月から行っていたことを医師より聴取いたしました。

 その後の調査の結果、誤った接種方法でワクチンを接種した可能性のある方は、平成24年4月から平成29年4月までの
間で計358名であるとわかりました。
(予防接種の書類について、区で保存している期間が5年間となっているため、平成24年3月以前については確認ができ
ていません。)


混合されたワクチンの種類については以下のとおりです。

 

生ワクチン 1 MR(麻しん、風しん)と水痘(水ぼうそう)とおたふくかぜワクチンを混合
2 MR(麻しん、風しん)と水痘(水ぼうそう)ワクチンを混合
3 MR(麻しん、風しん)とおたふくかぜワクチンを混合
4 水痘(水ぼうそう)・おたふくかぜワクチンを混合
5 MMR(麻しん・風しん・おたふくかぜ)・水痘(水ぼうそう)ワクチンを混合
不活化ワクチン 1 四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ)ワクチンとヒブワクチンを混合
2 三種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)と ヒブワクチンを混合
3 三種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)と ヒブと不活化ポリオワクチンを混合
4 三種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)と 不活化ポリオワクチンを混合

※MMRワクチンは日本未承認のワクチンです。

 現時点で、副反応等の健康被害の報告はありません。

今後の区の対応

 区では、平成29年5月8日、専門家を含めた予防接種事故調査委員会を設置し、対応方針について、以下のように決定いたしました。

 区の調査で把握することができた誤った方法で接種された可能性のある方には、通知をさせていただいております。
お手元に届きましたら、内容をご確認ください。
 また、区からの通知は届いていないけれどケルビムこどもクリニックで予防接種を受けたことがある方は、母子健康手帳をご確認いただき、上記のワクチンを同日で接種されている場合は、誤った方法で接種されてる可能性があり、区の調査で把握できなかった可能性があります。
 そのような場合は、下記までお問い合わせください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区保健所保健予防課
 電話:03-5742-9152
 FAX:03-5742-9158