グローバルナビゲーション

半地下家屋や地下室では浸水被害に注意

更新日:2017年7月26日

半地下家屋や地下室では浸水被害に十分なご注意をお願いします

 台風や局所的な集中豪雨により半地下家屋や地下室での浸水被害が発生しています。晴天時などでは、生活排水を問題なく、排水できていても、豪雨時には下水道管からの逆流による浸水被害や道路側からの雨水の流れ込みによる浸水被害が発生するおそれがあります。浸水被害からご自身の生命・財産を守るために、対策を講じるようお願いいたします。

建築主・設計者のみなさまへ

 浸水被害のあった土地や周辺の土地、坂下・窪地等の浸水するおそれのある土地では、できるだけ半地下家屋や地下室を設置しないようにお願いします。やむを得ずに半地下家屋・地下室を設置する場合は、建築後の逆流対策、雨水の流れ込み対策は施工上困難となることがあるため、あらかじめポンプ施設の設置(逆流対策)や止水板の設置(雨水の流れ込み対策)等の対策を行うようにお願い致します。

問い合わせ先

 ご質問、ご相談等がありましたら、以下にお問い合わせください。
下水道局 南部下水道事務所 お客さまサービス課 排水設備担当 03-5734-5040

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

建築課 審査担当(設備)
電話:03-5742-6774 FAX:03-5742-6898