グローバルナビゲーション

人権啓発・社会同和教育講座 「名曲で考える人権」夜コース参加者追加募集

更新日:2017年9月29日

 品川区では1993年4月、「平和で心ゆたかな人間尊重の社会の実現」をめざし、「人権尊重都市品川宣言」を制定しました。この宣言を普及し、個々の人権問題に対する正しい認識を確立し、人権尊重意識の定着を図るため、啓発活動を積極的に推進しています。
 文化観光課でも、同和問題をはじめとして、あらゆる人権問題の解決をめざして、人権啓発・社会同和教育講座を開催しています。

 今回の講座全体のテーマは「名曲で考える人権」です。 昼コースは日本や世界の音楽を中心に、夜コースは歴史や伝統芸能を中心に、様々な人権を多角的に考える各コース3回連続講座です。

 募集定員を上回る多くの方からご応募をいただいたため、昼・夜各コースとも大型会場に変更して実施いたします。そのうち昼コースにつきましては、募集を終了しました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。コース毎に会場が異なりますので、詳細は、当選通知にてご確認ください。
 夜コースにつきましては、会場に若干の余裕があるため、下記のとおり追加募集を行います。 

プログラム(昼コースの募集は終了しました)

【昼コース】 「世界をきく 日本を知る」   

    第1回 10月23日(月)
        他者への想像力を養う〜オペラ《蝶々夫人》で考える   中央大学准教授 森岡 実穂

    第2回 11月6日(月)
        竹田の子守唄 〜名曲に隠された真実            音楽プロデューサー 藤田 正

    第3回 11月27日(月)
        ジャズと人権                     早稲田大学准教授 チャン エドワード ケイ

 

【夜コース】 「歴史で学ぶ人権」   時間:午後6時30分〜8時30分       

    第1回 10月12日(木)  
         和太鼓の響き 北米へ渡る 
        国立民族学博物館教授 寺田 吉孝

    第2回 10月26日(木) 
         いのちみつめて うたをこぼせ   猿廻しを支えた被差別民 
         猿舞座座長 村崎 修二 *

    第3回 11月9日(木)
         知的障害児者福祉のパイオニア 滝乃川学園〜天使のピアノ〜 
         石井亮一・筆子記念館館長 米川 覚

*村崎修二氏の本来の表記が環境依存文字のため、代わりの文字で表記しています。

昼コースの募集は終了しました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

実施概要と募集要項

日時   【夜コース】 10月12日(木)、10月26日(木)、11月9日(木) 全3回 午後6時30分〜午後8時30分

会場   荏原第五区民集会所(二葉1-1-2) 

      交通 東急大井町線(各駅停車)「下神明」駅下車 徒歩2分
          豊葉の杜学園複合施設北棟の下神明駅寄り。
          タコ公園となりの半円形の建物。緑色の手すりが目印。

対象   16歳以上の方

受講料   無料

定員   夜コース20人(抽選) ※1日のみの参加は応相談。

申込み方法 

電話、はがき、FAX、電子申請で、「名曲で考える人権 夜コース」、または希望する講座名、住所、氏名(ふりがな)、連絡先電話番号を明記の上、下記申込み先へ。 

 

申込締切日 

10月2日(月)  

※締切日を過ぎた場合はお問い合わせください。定員に達していない場合ご受講いただけます。

 

申込み・問合せ先  〒140-8715 品川区広町2−1−36 品川区役所 文化観光課 生涯学習係

                          電話 03−5742-6837     FAX 03−5742-6893   

 

後援  ハローワーク品川

* お申し込みいただいた個人情報は、講座の実施以外に使用することはありません。
* ご来場の際は公共の交通機関をご利用ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区文化スポーツ振興部 文化観光課 生涯学習係

電話 03-5742-6837
FAX 03-5742-6893