グローバルナビゲーション

国民年金の保険料

更新日:2017年3月22日

保険料の金額

平成29年度保険料は月額16,490円(平成30年度は16,340円)です。保険料の金額は毎年度見直しが行われます。自営業者など第1号被保険者の方にはより多くの年金が受けられる「付加年金」の制度があります。この保険料は月額400円です。

保険料の支払い方法

納付書は日本年金機構より年1回、4月に1年分まとめてお送りします。お近くの金融機関、コンビニエンスストアなどで納めてください。インターネットなどによる電子納付やクレジットカードによる納付もできます。また、保険料の割引のあるお得な前納制度もあります。

保険料の支払いは口座振替が便利でお得です

納め忘れのない口座振替を、ぜひご利用ください。預金口座のある金融機関、年金事務所へお申し込みください。
また、口座振替で前納にすると納付書より割引率が高くなります。詳しくはお問い合わせください。


お問い合わせ

品川年金事務所
 電話:03-3494-7831  FAX:03-3779-3449

保険料の支払いにお困りの方は

保険料を納めることが困難な方は前年中の所得により、全額免除、一部免除の制度(3/4、1/2、1/4免除)が利用できます。また、退職を理由とした免除が受けられる場合もあります。納めないまま放置せず、ご相談ください。なお、障害年金(1級・2級)や生活保護を受けている方は保険料が免除となりますので、ご相談ください。

離職を理由とした免除制度については「年金の相談」ページをご覧ください。

学生の方は、納付特例制度

学生本人の収入が一定以下の場合には、申請して承認されれば保険料を後払いできる制度です。納めないまま放置せず、ご相談ください。

50歳未満の方の納付猶予制度

世帯主の所得が多くても本人、配偶者の所得が全額免除に該当する場合に、承認されれば保険料を後払いできる制度です。納めないままにせず、ご相談ください。


追納について

免除・学生納付特例・納付猶予で、免除・猶予された保険料は最大10年間保険料をさかのぼって納めることができます。ただし3年目からは加算金がつきます。くわしくは、品川年金事務所(電話03-3494-7831 FAX:03-3779-3449)へお問い合わせ下さい。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

国保医療年金課国民年金係
 電話:03-5742-6682〜3  FAX:03-5742-6876