グローバルナビゲーション

犬の登録・狂犬病予防接種

更新日:2017年1月27日

生後91日以上の犬は、一生に1度の登録と年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。

登録

生後91日以上の犬を飼い始めたら30日以内に登録が必要です。
鑑札を交付しますので犬につけてください。迷子になった犬が特定できます。
登録料は3,000円です。 (鑑札を紛失したときの再交付は1,600円)

犬やその飼い主に変更があったら、届出や手続き等が必要です。

飼い主に変更があったら

飼い主の住所が変更したり、犬を譲渡した時には、変更届の手続きしてください。

飼い犬が死亡したら

飼い犬の死亡届の手続きしてください。
いずれの手続きも、品川区保健所、品川保健センター、荏原保健センターまたは各地域センターへ。また、死亡届については電子申請もできます。



狂犬病予防接種

狂犬病の予防注射は、毎年4月に行う定期集合注射をご利用ください。すでに登録している犬の飼い主の方にはお知らせを送ります。

生後91日以上の犬は、4月1日から6月30日までの間に狂犬病予防注射をしてください。品川区では、4月に「狂犬病予防定期集合注射」を動物病院(東京都獣医師会品川支部所属)で実施しますのでご利用ください。


また、定期集合注射とは別に、動物病院で注射を受けた場合は、注射済証明書をもらい品川区保健所、品川保健センター、荏原保健センターまたは各地域センターで、注射済票の交付を受けてください。ただし、交付には手数料が550円です。(注射済票を紛失したときの再交付は340円)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

品川区保健所
 電話:03-5742-9132

品川保健センター
 電話:03-3474-2000

荏原保健センター
 電話:03-3788-2000

各地域センター