グローバルナビゲーション

療養費の支給

更新日:2017年3月23日

後期高齢者医療制度では、次の事由において医療費の全額を自己負担した場合、後日、申請により保険給付が認められると保険給付対象額が払い戻されます。
申請期間は治療費を支払った日の翌日から2年です。

品川区へご提出いただきました申請書は、東京都後期高齢者医療広域連合で審査します。
申請をもとに審査しますので、決定するまでに時間がかかります。
申請から支給決定まで おおむね3か月程度ですが、3か月以上かかる場合があります。
また、審査の結果、支給されない場合もあります。


後期高齢者医療制度に加入でない方は、手続き等が異なりますので加入している健康保険へ直接お問い合わせください。

 

支給対象

・やむを得ず保険証を提示できずに診療を受けたり、保険診療を扱っていない医療機関で診療を受けたりしたとき
 ※やむを得ない事情があったと東京都後期高齢者医療広域連合が認めた場合に限られます。 

・医師が必要と認めた、あんま・マッサージ、はり・灸などを受けたとき(代理受領以外)
 ※医師の同意を得て治療を受けた場合に認められます。
 ※入院中の施術は認められません。 

・骨折・脱臼などで、柔道整復師の施術を受けたとき(受領委任以外)
 ※保険の適用範囲内に限ります。
 ※医師の同意を得て治療を受けた場合に認められます。
 ※入院中の施術は認められません。 

・医師が必要と認めた、コルセットなどの治療用装具を購入したとき(補装具をつくったとき)や輸血の生血代など
 ※原則として、既製品は治療用装具の対象となりません。

海外旅行中や海外赴任中に急な病気やけがなどによりやむを得ず、海外の医療機関で診療等を受けたとき海外で治療を受けたとき) 
 ※治療目的の渡航は対象となりません。
 ※日本の保険の適用範囲内に限ります。 

 

  ※整骨院や接骨院は医療機関とは異なり、医療保険で受けられる施術の範囲が定められており保険証が使える場合と使えない場合があります。
   東京都後期高齢者医療広域連合から施術日や施術内容等について確認させていただく場合がありますので、ご協力ください

※医療機関へ支払い後、2年を過ぎると請求できなくなります。ご注意ください。 

 

■申請窓口 品川区役所 国保医療年金課 高齢者医療係 (本庁舎4階8番窓口) ※地域センターでは申請できません。

 

 

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

国保医療年金課高齢者医療係
電話03−5742−6736
Fax 03−5742−6741