グローバルナビゲーション

憲法週間記念 講演と映画のつどい

更新日:2012年5月11日

憲法週間記念 講演と映画のつどい
憲法週間記念 講演と映画のつどい 憲法週間記念 講演と映画のつどい 憲法週間記念 講演と映画のつどい 憲法週間記念 講演と映画のつどい
5月11日(金)、憲法週間記念講演と映画のつどいが開催され、会場のきゅりあん大ホールは満員となりました。

今年は品川区民憲章制定30周年で、挨拶を行った濱野健区長は「品川区には、日本の憲法に当たる区民憲章があります。品川区をこんな区にしていこうという皆さんの心意気のようなものが組み込まれています。その最後に『自立と連帯の精神に支えられた、思いやりと生きがいのある地域社会をつくります』とあります。皆さん一人ひとりが今日、そのようなことを考えるきっかけになっていただければと思います」と話しました。

続いて、人権擁護員が「人権尊重都市品川宣言」を朗読しました。

その後、作家の曽野綾子さんが「世界はどんなふうに生きているか」をテーマに講演会を行い、講演終了後は、イタリア・ミラノを舞台とした映画「人生、ここにあり!」が上映されました。