グローバルナビゲーション

品川区職員を岩手県宮古市へ追加派遣

更新日:2012年12月28日

岩手県宮古市へ区職員の追加派遣を決定
派遣される職員の決意表明 濱野区長、本間、山田両副区長と記念撮影 濱野区長が手渡した石造りの地蔵 濱野区長から預かった地蔵像を手に、笑顔の職員
品川区は、年明けの1月から1年3カ月の期間で、東日本大震災の被災地である岩手県宮古市へ、区職員の追加派遣を行うことを決定しました。

品川区と宮古市とは、毎年目黒駅前で開催される人気イベント「目黒のさんま祭り」が縁で、平成14年から災害時における相互援助協定を締結しています。

今回追加派遣となるのは、福祉職1人。宮古市では、市民の地域活動や生活安全などを所管する部署で、地域自治組織支援、コミュニティ助成事業、被災者支援室の補助などの業務に従事する予定です。

すでに今年の4月からは、土木職1人、建築職1人、保健師職1人、事務職2人の計5人が、防災集団移転促進事業の設計・施工、復興整備計画の策定などの業務に従事するため、1年間の長期派遣として宮古市に赴任しており、今回の追加派遣で合計6人の区職員が宮古市に派遣されることになります。

追加派遣に応募した職員は、濱野区長から辞令を手交されると、「被災者や市職員の方々の気持ちに寄り添って、できる限り皆さんの役に立ちたい」と真剣な表情で決意を述べました。

濱野区長は、昨年の震災後、自ら宮古市に訪問した際に山本 正徳宮古市長から贈られたという、石造りの小さな地蔵像を職員に手渡しながら、「あなたにこれを預けます。この地蔵の背中には『希望』という字が彫られている。宮古市の皆さんの希望になれるよう、尽力してください」と言葉をかけました。

品川区は東日本大震災後、これまで宮古市へ、区民などから寄せられた義援金1億150万円や支援物資を搬送するなど継続して支援を続けており、今回の職員派遣もその一環として実施するものです。