グローバルナビゲーション

JR大井町駅前に平和の花「カンナ」を植樹

更新日:2015年5月24日

記念撮影
「しながわ平和の花壇」パネル 70株を植えた 植樹する区長と生徒
「しながわ平和の花壇」植樹式が5月24日(日)、「平和の誓い」像のあるJR大井町駅西口前の広場で行われました。

品川区は、区民の願いである核兵器の廃絶と恒久平和の確立を願い、昭和60年3月26日に「非核平和都市品川宣言」を表明。これまでも、同宣言の趣旨を次の世代に伝えていくため、中学生や青少年を被爆地である広島と長崎へ派遣する「平和使節派遣事業」や大井町駅前などへの「平和の誓い」像の設置など、様々な事業に取り組んでいます。今回の植樹式は、平成26年度中学生広島平和使節派遣生からの提案で実現したもので、原爆投下から1カ月後、広島の焦土に咲いた「カンナ」の花70株を「平和の誓い」像の周囲に植樹しました。

濱野区長は、「大井町を訪れた人が、この花壇を見て平和について改めて考えてくれるとうれしい」とあいさつ。カンナの植樹を提案した区立小中一貫校日野学園9年の井上美羽さんは、「区民一人ひとりの心に、平和の芽が根付いていくことを願っています」と、平和の花壇に込めた思いを述べました。