グローバルナビゲーション

区長メッセージ 第81号 平成29年3月15日 品川区制70周年

更新日:2017年3月15日

品川区制70周年をむかえました    品川区長 濱野 健

70周年ロゴマーク2  70周年ロゴマーク1  70周年ロゴマーク3  70周年ロゴマーク4

 平成29年3月15日(水)、品川区は70周年を迎えました。

 この区制70年の歴史は、区民の皆様に育てられ、ともに歩んだ尊い歴史であります。心から感謝申し上げます。

 戦後、特別区の自治権は大きく制限されていました。その一つが区長公選制の廃止です。昭和27年の地方自治法の改正により、区長は区議会が東京都知事の同意を得て選任することとなりました。

 区民に最も身近な特別区の自治権が制限されることは、区民生活に様々な面で影響があることから区民・区議会・区が一体となって自治権拡充を求める運動を展開してきました。昭和47年、品川区は23区初の区長準公選を実施し、これを契機に昭和50年には特別区に区長公選制が復活しました。

 その後も保健所や清掃事業など、多くの事務が都から区に移管され、平成12年4月、地方自治法上、特別区は基礎的な地方公共団体として明確に位置付けられました。

 私たちのまち・しながわを創るという区民の熱い思いが原動力となり、品川区は発展してきました。この節目の年に品川区の歴史を振り返っていただき、私たちのまち・しながわを一層好きになっていただければ幸いです。

 東京2020オリンピック・パラリンピックには国内外から多くの方が訪れます。ぜひともこの機会に品川区の良さを多くの人に伝えてください。

 そして、この70年の輝かしい歴史を子どもたちへの夢のバトンタッチとして次代へとつなぎ、新たな歴史を一緒に創っていきましょう。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。