グローバルナビゲーション

春の親子バスハイク バーベキューと動物園で地域交流

更新日:2017年5月24日

金沢自然公園前で記念撮影(1号車バス) 金沢自然公園前で記念撮影(2号車バス) 金沢自然公園前で記念撮影(3号車バス)
 毎年恒例の「春の親子バスハイク」が平成29年5月21日(日)、神奈川県横浜市の金沢自然公園で開催され、大崎第二地区の親子が124人参加しました。

 地区委員会が主催する春の親子バスハイクは、青少年の健全育成と地域コミュニケーションの伸展を図るため、毎年5月に実施しています。

 参加者たちは、大崎第二地域センター前からバス3台に乗り込み、金沢自然公園を目指します。バス内では、区立芳水小学校5年生の5人が企画委員として考えたバス内で楽しめるレクリエーションの「かりものゲーム」や「なぞなぞ」を実施。正解者には、お菓子が配られバス内は盛り上がります。

 金沢自然公園に到着すると、まずは記念撮影。参加した親子たちは、バス号車ごとに分かれてとびきりの笑顔を見せてくれました。次はバーベキュー広場に移動して、バーベキューの準備です。このバスハイクで初めて知り合ったお父さんお母さんたちが協力し合い、火起こしから体験。地区委員の手助けを受けながら、着実に準備を進めます。どのグループも無事に準備を終え、楽しみにしていたバーベキューのはじまりです。青空の下、たくさんのお肉や野菜が焼かれ、おいしそうに頬張っていました。しめには焼きそばも調理され、どの家族もお腹いっぱいになりました。
 バーベキューの後は、市内でも屈指のロングローラー滑り台や金沢動物公園でコアラやカンガルーなどさまざまな動物たちを見てまわり親子の絆や地域の親睦を深めた様子でした。

 当日は、気温も高い夏日となりましたが、株式会社モスフードサービスからご寄付いただいたうちわとジュースが参加者たちののどを潤し、暑さをしのぎました。

 大崎第二地域センター前で無事に解散すると、どの家族も満足そうな笑顔を浮かべ帰路につきました。これからも大崎第二地区では、地区委員を中心として7月の「区民まつり」や2月の「冬のバスハイク」など地域の皆さんと仲を深めるイベントを行っていきます。地域にお住まいの皆さまは、ぜひご参加ください。
受付に並ぶ参加者 バスに乗り込む参加者 バーベキュー広場に到着 火起こしを体験する参加者 うちわで煽って炭に火をつける親子 肉を焼く子ども 参加者同士仲良くバーベキュー 上手に焼けました なかなか火がつかないな バーベキュー楽しいな ローラー滑り台に挑戦 ローラー滑り台とっても楽しいよ 仲良く遊ぶ子どもたち 金沢動物園入り口 どんな動物に出会えるかな キリンを眺める親子 動物がどこに居るか探す親子 木陰で休むカンガルー

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

大崎第二地域センター
 電話:03-3492-2000
 FAX:03-3492-2095