グローバルナビゲーション

五反田駅前で日野学園生徒がサツマイモの苗植え

更新日:2017年5月29日

真剣なまなざしで苗を植える生徒

平成29年5月25日(木)、五反田駅東口駅前広場の花壇にサツマイモの苗が植えられました。

これは地元の町会・学校等からなる「五反田駅前をきれいにする会」が企画。天明の飢饉(ききん)の際、サツマイモで人々を救ったという青木昆陽が眠る瀧泉寺(目黒不動尊)が近くにあることから、4年前に始まりました。

苗植え作業には同会メンバーの他、JR五反田駅の駅員や日野学園の特別支援学級7〜9年生8人が参加しました。

生徒たちは手順の説明を受けた後、「紅あずま」と「紅はるか」の苗植えに挑戦しました。

 参加した生徒は「昨年収穫したサツマイモは甘かった。今年のサツマイモも早く食べたいです」と話し、10月に予定しているサツマイモの収穫が今から楽しみな様子でした。

説明を聞く生徒たち 苗植えに挑戦する生徒たち サツマイモの苗

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

大崎第一地域センター
 電話:03-3491-2000
 FAX:03-3491-2002