グローバルナビゲーション

組曲「しながわ物語」演奏会〜歌いつごう未来へ

更新日:2017年10月17日

組曲しながわ物語の演奏
 区長あいさつ しながわ物語区民合唱団 下手側 しながわ物語区民合唱団 上手側 品川少年少女合唱団 拍手する観客 祝辞を述べる松澤議長 品川ロ−ブラスアンサンブル 品川区民管弦楽団 品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ
 組曲「しながわ物語」演奏会〜歌いつごう未来へ〜が平成29年10月1日(日)、大井町駅前のきゅりあん(東大井5-18-1)で開催されました。

 この演奏会は、区民の皆さんが誰でも参加、鑑賞することができ、気軽に文化・芸術に親しんでもらうことを目的に、品川区民芸術祭2017の一環として開催しました。

 今回は、平成13年に東海道四百年祭を記念して作られた区民ミュージカル「しながわ物語」を編曲した組曲15曲のうち5曲を、品川区民管弦楽団が演奏。公募による「しながわ物語区民合唱団」が美しい歌声を披露しました。 

 演奏に先立ち濱野区長が「“しながわ物語”は、名誉区民である故・小川寛興先生が品川区のために作曲してくださった曲です。聞きなじみのある地名や物語が盛り込まれていますので、どうぞ場面を思い浮かべながらお聞きください」とあいさつ。松澤区議会議長は「文化の秋に、ご家族・ご友人らとともに素晴らしい演奏を聞きながら、心触れ合うひと時を過ごしてください」と話しました。

 この演奏会は、名誉区民の故・小川寛興さんを偲び二部構成で開催。
 第一部では、縁(ゆかり)の団体が古典作品のほか、オリジナル編曲した“月光仮面は誰でしょう”などを演奏しました。
 第二部で、長田雅人さんの指揮により“しながわ物語”を披露。品川少年少女合唱団も2曲を担当しました。また、アンコールとして“旅立ちのとき”を観客も一緒になり合唱。大きな拍手が送られました。

 品川区民芸術祭は、だれもが気軽に参加・鑑賞できるイベントとして、また、質の高い「文化芸術」に触れ親しむ機会として開催しています。11月下旬まで多彩なプログラムをご用意していますので、是非、足をお運びください。