地域と在住外国人との交流促進

更新日:2020年4月13日

 品川区で暮らす外国人は約13,200人、総人口の3.3%となるなか、外国人が防災訓練、地域のお祭りやイベントを通して、まちの持つ歴史や伝統文化、コミュニティ活動に理解を深めること、また、日本人が外国人とのコミュニケーション方法や他国の文化・習慣を知り、互いに協力して地域をつくっていけるよう「地域住民と外国人との交流促進事業」を実施しています。

  地域の皆さんにより運営されている「区民まつり」や「地区総合防災訓練」、しながわ宿場まつりなどの「地域行事」に、地域の方々や区内の大使館等の協力を得ながら、品川区内の外国人が参加しやすいよう多言語の説明や案内、チラシ作製など、外国人が参加しやすいよう取り組みを進めました。

  今後も引き続き、区内の団体や企業、区内大使館等、東京都防災語学ボランティア、外国人おもてなし語学ボランティア受講生などの協力により、地域事業や防災訓練などに、より多くの外国人が参加し、互いに交流できるよう体制の整備を進めていきます。

  平成25年9月8日に2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まり、さらなる「地域の国際化」を進めるため、平成26年度から「英語少し通じます商店街」プロジェクトを開始しています。また、平成28年度から新たに町会等を対象とした「英語少し通じます町会・自治会等」プロジェクトを開始し、地区に住んでいる外国人住民との交流方法や、防災訓練での案内方法などについて取り組んでいます。「少し」の外国語や「やさしい日本語」をつかって、品川らしいおもてなしや心遣いで外国人と日本人が互いに心地よい時間を過ごせる地域にできるよう、引き続き取り組んでまいります。

  交流の様子は、「しながわ写真ニュース」「しながわネットTV わ!しながわニュース」でご覧いただけます

主催・共催事業

地域国際交流懇談会

 在住外国人、国際交流団体、大使館・領事館関係者等に行政情報を提供するとともに、地域における国際交流を推進するために意見交換を行なっています。 

地域との連携

地区総合防災訓練

 東京都防災(語学)ボランティア等の協力をえて、地域の防災訓練に外国人が参加する際に多言語によるサポートを行なっています。

区内大使館・領事館との連携

区内には14カ国の大使館や領事館があり、学校での文化紹介や「大井どんたく夏まつり」など区内のおまつりで各国の料理やお菓子、民芸品の販売や国の特色を紹介するなど、地域との交流を行っています。
大使館・領事館からのお知らせ

【タイ王国大使館】タイフェスティバルのお知らせ
【コロンビア共和国大使館】コロンビア共和国独立記念祭のお知らせ
【ザンビア共和国大使館】ザンビアフェアのお知らせ

 

大使館(12館)

 インドネシア共和国、コロンビア共和国、ザンビア共和国、タイ王国、タジキスタン共和国、ブルネイ・ダルサラーム国、ベラルーシ共和国、
   北マケドニア共和国、マリ共和国、ミャンマー連邦共和国

 

総領事館(2館)
 ブラジル連邦共和国、ペルー共和国

外国人関連団体との連携

区内には、いくつかの在住外国人が地域で暮らしていくための手助けとなる活動や日本語教室を行っている外国人団体などがあります。また、外国からの留学生のサポートのためのボランティアグループなどを持つ大学、地域在住の外国人のための活動を行っているグループをもつ大学もあります。このような団体と連携しながら、ともに地域における国際交流を進めてまいります。

多文化共生等推進事業助成金
 
区では令和2年4月から多文化共生を推進する事業に対し、費用の一部を助成しています。


お問い合わせ

地域活動課 国際担当
電話:03-5742-6691
FAX :03-5742-6878