令和3年8月25日 東京港大井ふ頭(都有地内)において確認された「ヒアリ」について

更新日:令和3年8月30日

令和3年8月25日(水)に東京都品川区の東京港大井ふ頭で発見されたアリについて、専門家による種の同定の結果、
特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。
当該アリは、環境省が実施している本年8月3日(火)に大井ふ頭で確認されたヒアリの防除作業中において確認されたものです。

 

1 経緯
8月25日 
環境省が実施する東京港大井埠頭でのヒアリ防除作業において、防除事業者がコンテナヤード上でヒアリと疑わしいアリ及びコンテナ板(ヤード上に設置されたコンクリート板)の吊り上げ用のフック穴への出入りを確認。
働きアリ及び幼虫、蛹を多数確認。
防除事業者が確認箇所周辺に殺虫餌(ベイト剤)を設置。
環境省が専門家に同定を依頼。
専門家が当該アリについて、ヒアリであることを確認。

8月26日
環境省関東地方環境事務所等が現地調査を実施。
穴内で確認できたものを含め、働きアリ500個体程度及び無翅女王アリ1個体、幼虫と蛹合わせて150個体程度を確認。
無翅女王アリは殺虫。
殺虫剤(液剤)を用いて穴内部全体の防除を実施。
確認箇所周辺に殺虫餌を追加設置。

2 今回確認されたアリについて
確認されたヒアリは、働きアリ約500個体及び無翅女王アリ1個体、幼虫と蛹合わせて約150個体です。

 

3 都の対応状況
 (1) 引き続き、発見場所およびその周辺において、目視及びトラップの設置による調査等を環境省と協力して実施します。
 (2) 国、地元区及び港湾事業者で構成する「東京港におけるヒアリ等対策連絡会」を通じて迅速に情報共有を図ります。
 (3) 普及啓発・注意喚起等
  ・ 東京港内の港湾施設利用者および地元区への周知
  ・ 発見場所から半径2キロメートル圏内の海上公園に注意喚起の看板を設置
  ・ 都ホームページにヒアリ等による被害の予防方法等の情報を掲載
  ・ 港湾局・環境局SNSでの注意喚起

 

4 区民の皆さまへのお知らせ
・ 品川区内において、ヒアリはこれまでに住宅地等においては発見されておらず、
  一般の方は立ち入ることのできないふ頭のコンテナヤード内での確認に限定された状況です。
  発見されたヒアリについては現在駆除を行っております。
・ 区ではふ頭周辺の区有施設においてヒアリ等外来アリの生息調査を行っております。
  現在までいずれの地点でもヒアリ等の外来アリは発見されておりません。
  詳細は「品川区実施のヒアリ等調査結果」ページをご参照ください。
・ ヒアリは攻撃性が強く、刺された場合、激しい痛みを伴い、水泡状に腫れるなど人体にとって危険な生物です。
  もし、発見した場合には、素手で捕まえたり、触らないように注意し、品川区環境課や東京都環境局もしくは環境省ヒアリ相談ダイヤルまで
    ご連絡ください。
・ ヒアリに関する詳しい情報については、以下のサイトに記載していますのでご参照ください。
   「気をつけて!危険な外来生物」(東京都環境局特設サイト・別ウィンドウ表示)

写真:今回確認されたヒアリ
P8260041.jpg

お問い合わせ

品川区環境課 指導調査係  特定外来生物一般に関すること
 電話:03-5742-6751
 FAX:03-5742-6853

東京都港湾局港湾経営部 経営課環境保全担当  港湾施設における対応に関すること
 電話:03-5320-5550

環境省ヒアリ相談ダイヤル
 電話:0570-046-110
 【IP電話の場合は 06-7634-7300】
 受付時間 午前9時~午後5時