補助163号線整備事業(その1)

更新日:平成28年8月10日

 補助163号線は、区の主要な地域である大井町地区と大崎地区を結ぶ重要な地区幹線道路です。環状6号線から百反交差点までと、一本橋通りおよびどんたく通りについては、整備が完了しています。また、百反交差点から南の西品川一丁目地区では、市街地再開発事業の中で道路整備を進めております。

  整備済箇所の状況と整備イメージ図

図面

都市計画の概要


都市計画決定 (当初)昭和39年2月7日(建設省告示第148号)
(変更)平成9年2月7日(品川区告示第9号)
起終点  品川区大崎三丁目~大井一丁目、大井二丁目
延長と幅員   総延長:2,440メートル
(本線2,160メートル、支線280メートル)
計画幅員:12~22メートル

道路整備の必要性

1 安全性の向上

事業区間の現状
  • 補助163号線の未整備区間は、歩道が狭く、車の見通しが悪い道路となっています。
  • 道路の沿線には、公共公益施設(区役所、消防署)が立地しています。
  • 東京都の第2次緊急輸送道路に指定されており、震災時の緊急輸送を円滑に行う機能を担っています。


整備効果

  • 安全で快適な歩行者空間がつくられます。
  • 震災時における避難、緊急物資等の輸送ルートとしての機能が強化されます。


2 ネットワークの形成

周辺のまちづくりの現状と動向
  • 補助163号線と交差する補助26号線の整備が、現在東京都により行われています。
  • 都市再生緊急整備地域へ指定され再開発が進展している大崎駅周辺と、土地の高度利用が進んでいる大井町周辺の交通ネットワークの整備が急がれています。
  • 東京都の第四次優先整備路線に指定されており(平成28年3月)、早期の事業化が必要です。



整備効果

  • 大崎から大井町までの道路ネットワークが強化・充実されます。
  • 区の東西連携都市軸である補助26号線との円滑な接続が図られます。

東急大井町線ガード下区間の事業説明会を開催しました

平面図写真

事業説明会の開催結果

東急大井町線ガード下区間について、下記の通り事業説明会を開催致しました。

大変お忙しいところお集まり頂き、誠にありがとうございました。

 

・開催日時:平成26年8月5日(火) 午後7時00分~7時45分

・開催場所:品川区役所 第二庁舎6階 261・262会議室

・参加人数:32人

東急大井町線ガード下区間の事業が認可されました

 東京都市計画道路補助163号線は、区が主体として整備を行う都市計画道路です。このたび当該区間の事業が認可(平成26年12月19日 東京都告示第1703号)されましたので、お知らせします。

 

事業地  : 広町二丁目、二葉一丁目、大井一丁目各地内

事業期間 : 平成27年度~令和3年度 (事業認可期間:平成26年12月19日~令和4年3月31日)

概要   : 補助163号線は、区の中心核である大井町および大崎を結ぶ重要な地区幹線道路です。全延長2,160メートルのうち1,140メートル

       で整備が終了しています。本認可区間は広町二丁目から二葉一丁目に至る延長約65メートルの区間で、計画幅約16メートル、標準

       的な構造は、歩道約4メートルを両側に、車道は片側一車線両側通行となる予定です。また、整備に伴い東急大井町線のガードの架

       け替えを行います。

        【工事内容】 

         ・平成27~令和元年度 東急大井町線架道橋の架替工事(完了)

         ・令和元~令和3年度   東急大井町線ガード下区間の道路拡幅工事(整備中)

閲覧   : 事業地の範囲がわかる図面は、道路課(第二庁舎4階)に備えてあり閲覧することができます。詳しくは下記お問い合わせ先にご

       連絡下さい。        

 

 

お問い合わせ

道路課 道路建設担当
電話:03-5742-6791
FAX:03-5742-6886