麻しん・風しんワクチン任意接種費用の全額助成

更新日:令和3年4月1日

MR(麻しん・風しん)ワクチンは定期予防接種として、2回接種する機会(1歳と年長児)がありますが、
定期接種の対象年齢を過ぎてしまうと、任意接種(保護者の判断で接種するかどうか決めるもの)となります。 

品川区では、平成28年4月1日より、MRワクチンを任意接種される方に1回に限り接種費用の全額を助成しています。

助成対象となる接種年齢

2歳から19歳未満で、定期接種を受けられなかった方。

※小学校1年生以上の方は、MRワクチンの定期予防接種を2回接種していない方が対象です。

※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、こちらをご覧ください。
風しん抗体検査および予防接種を受けることができる制度(風しん第5期定期予防接種)

※19歳以上で妊娠を希望する女性あるいは妊婦または妊娠を希望する女性の夫等の同居者は、こちら。
風しんの抗体検査と予防接種を公費で行っています。

助成方法

品川区が発行するMR(麻しん・風しん)ワクチン任意予防接種予診票と母子健康手帳を
品川区内の契約医療機関に持参すれば、無料で接種を受けることができます。(一人1回まで)

無料で接種を受けるためには、品川区のMR(麻しん・風しん)ワクチン任意予防接種予診票が必要です。

助成対象に該当される方で接種を希望する場合、下記窓口に母子健康手帳をご持参ください。
定期予防接種を受けていないことが確認できた方へ予防接種予診票を交付いたします。
・品川区役所保健予防課 品川区広町2-1-36(品川区役所本庁舎7階) [地図]
・品川保健センター   品川区北品川3-11-22 [地図] 
・大井保健センター   品川区大井2-27-20  [地図]
・荏原保健センター   品川区荏原2-9-6    [地図]

※品川区のMRワクチン任意予防接種予診票を持参せずに任意接種した場合は全額自己負担となります。

※品川区内の契約医療機関で接種する場合に限ります。品川区以外で任意接種した場合は全額自己負担となります。

※対象の方へ個別通知は行っておりません。

※13歳以上の方が保護者の同伴なく一人で予防接種を受ける場合は、MR任意予防接種同意書(PDF:139KB)が必要です。

副作用救済給付 (重要ですので、必ずご確認ください。)

予防接種法に基づかない任意の予防接種は、万一ワクチン接種による健康被害が発生した場合でも予防接種法の被害救済の対象にはなりません。

ただし、薬事法で承認されたワクチンを使用した場合に限り、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく、副作用救済給付が適用されます。

日本国内で販売承認されていないワクチンは、救済制度の対象になりません。
接種するときに、医師にワクチンについて確認をしてから接種を受けてください。

妊娠または妊娠している可能性がある方

妊娠をしている女性および妊娠している可能性がある女性は接種を受けることができません。

風しんを含むワクチン接種後は、少なくとも2カ月間避妊が必要です。
お問い合わせ

品川区保健所保健予防課
電話:03-5742-9152 FAX:03-5742-9158
品川保健センター
電話:03-3474-2225 FAX:03-3474-2034
大井保健センター
電話:03-3772-2666 FAX:03-3772-2570
荏原保健センター
電話:03-3788-7013 FAX:03-3788-7900