新型コロナウイルス感染症と喫煙について

更新日:令和3年1月25日

新型コロナウイルス感染症と喫煙について

新型コロナウイルス感染症と喫煙との関連について、WHOのステートメントによれば、WHOが令和2年4月29日に招集した専門家によるレビューにおいて、喫煙者は非喫煙者と比較して新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになったことが報告されています。
詳細は、新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け) 新型コロナウイルス感染症の予防法(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

喫煙所等における新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて

新型コロナウイルス感染症防止対策として、「3つの密(密閉・密集・密接)」の防止が重要です。限られた空間で複数の方が利用する喫煙所は、「3つの密」の状態が生じる可能性がありますので、以下の対応をお願いします。

〇喫煙所を設置する事業者の皆様へ
喫煙所における「3つの密」の状態を防止するため、
・利用者に対して、「混雑時の利用を控えること」「利用する場合は人との距離をとり、間近で会話しないこと」等の注意喚起の張り紙を掲示する。
・喫煙所を一時的に閉鎖する。


〇喫煙所を利用する皆様へ
・混雑時の利用は避ける。
・利用する場合は、人との距離をとり、間近で会話しない。

など、「お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いる」状態にならないようにしてください。





◆この機会に禁煙も検討してみませんか?
喫煙所については、感染リスクが高まる「5つの場面」、居場所の切り替わりで注意喚起されています。また、喫煙は喫煙者だけでなく受動喫煙により周囲の人へも健康に影響を及ぼすことが明らかになっています。
感染リスク、ご自身と周囲の人の健康を考え、禁煙もご検討ください。
区では、品川区禁煙外来治療費助成金交付事業を実施しています。禁煙をご検討される方は、ぜひ区ホームページ禁煙外来治療費交付事業もご覧ください。(要件や手続き等ご確認ください。不明な場合はお問い合わせください)


お問い合わせ

健康課受動喫煙対策担当
 電話:03-5742-7136
 FAX:03-5742-6883