受胎調節実地指導員に関する手続

更新日:令和3年4月1日

受胎調節実地指導員指定申請

品川区にお住まいの方で、受胎調節実地指導員の指定を新規申請する場合の手続きです。品川区以外にお住まいの方は、住所地の自治体にご相談ください。
なお、免許申請は品川区役所本庁舎7階生活衛生課のみで受け付けております。
(保健センターでは手続きができません)

申請に必要なもの
1. 申請書(認定講習を受講した学校で配布されたもの。お持ちでない場合は、保健所にもあります。)
(ア)氏名にはふりがなをふってください。
(イ)2種類以上の資格を持っている場合は、指定証に記載してほしい方の資格を記入してください。
(ウ)認定講習の名称および終了年月日欄には、認定講習の名称または認定講習を受けた学校名を記入してください。

2. 手数料
4,000円(現金)

3. 免許証の写し
(ア)免許証発行前の場合は、厚生労働省発行の「登録済証明書」を添付してください。
(イ)窓口で免許証の原本照合を行いますので、免許証原本もお持ちください。
(ウ)申請書の「助産師、保健師又は看護師の別」に記載した資格の免許証を添付してください。

4. 受胎調節実地指導員認定講習修了証書の写し
窓口で原本照合を行いますので、原本もお持ちください。

受胎調節実地指導員標識交付申請

品川区にお住まいの方で、受胎調節実地指導員の標識の交付を新規申請する場合の手続きです。品川区以外にお住まいの方は、住所地の自治体にご相談ください。

申請に必要なもの
1. 申請書(認定講習を受講した学校で配布されたもの。お持ちでない場合は、保健所にもあります。)

2. 手数料
3,100円(現金)

3. 受胎調節実地指導員指定証の写し
窓口で免許証の原本照合を行いますので、免許証原本もお持ちください。
※受胎調節実地指導員指定申請と同時に申請する場合は不要です。

受胎調節実地指導員指定証訂正申請

品川区にお住まいの方で、受胎調節実地指導員指定証の登録事項(本籍の都道府県名、氏名)に変更があった場合(転籍、婚姻、改姓、帰化など)に書き換える手続きです。戸籍変更(本籍の都道府県名、氏名の変更)後、30日以内に手続きしてください。品川区以外にお住まいの方は、住所地の自治体にご相談ください。

申請に必要なもの
1. 手数料
2,400円(現金)

2. 戸籍謄本または抄本
変更したことが確認できる、6か月以内に発行された戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)または戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)。
※戸籍記載事項証明書、結婚受理証明書、住民票等では手続きできません。

なお、日本の国籍を持たない方は次の書類を添付してください。
・中長期在留者、特別永住者:住民票の写し(国籍等の記載があるもの。発行から6ヶ月以内のもの。)
・短期在留者:旅券その他の身分を証する書類の写し(原本照合の為、原本もお持ちください。)

3. 指定証原本 
訂正・書換えする指定証。

4. その他
他道府県から転入(他道府県で指定を受けた方)の場合は、住所変更届を同時に提出してください。
転籍、結婚、離婚等が複数回ある場合は、変更される経過がすべて確認できる戸籍全部事項証明書、除籍全部事項証明書(除籍謄本)、改正原戸籍等が必要になります。その場合、過去に戸籍があったすべての役所から取り寄せていただくことになります。
※免許証の籍(名簿)訂正・書換え申請における戸籍謄本(抄本)の確認について
(ア)籍変更の事実が数年以上前の場合
   改正戸籍謄本(抄本)で、婚姻・離婚等が戸籍改正日より以前の場合(戸籍電算化より以前に婚姻・離婚等をしたとき)は、
   改正原戸籍も必要です。
(イ)変更が複数回ある場合
   現在の戸籍以前のものは必ず「除籍謄本(抄本)」となっているか確認してください。

受胎調節実地指導員指定証・標識再交付申請

品川区にお住まいの方で、受胎調節実地指導員指定証を破ったり、汚したり、無くした場合(紛失)の再交付(再発行)手続きです。事実発生後、速やかに手続きしてください。 品川区以外にお住まいの方は、住所地の自治体にご相談ください。

申請に必要なもの
1. 手数料
受胎調節実地指導員指定証:2,800円(現金)
受胎調節実地指導員標識:2,500円(現金)

2. 指定証原本、標識(破れた場合)
紛失の場合、指定証のコピーが残っていればご持参ください。

3. その他
(ア)ご本人が直接窓口で申請してください。
(イ)運転免許証や保険証、パスポート等、本人確認ができる書類をお持ちください。(本人であることを確認できないと申請を受け付けることができませんのでご注意ください。)
お問い合わせ

品川区保健所生活衛生課医薬担当
TEL 03-5742-9137
FAX 03-5742-9104