グローバルナビゲーション

精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方は、平成31年1月1日から心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象になります

更新日:2019年4月22日

精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方は、平成31年1月1日から心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象になります

◯平成31年1月1日から、精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方は、都の心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象になります。

◯マル障を受給するためには、住民票のある区市町村への申請が必要です。

◯平成30年11月から各区市町村での申請の受付を開始しています。


対象者

東京都内に住所を有する方で、精神障害者保健福祉手帳1級の方


対象除外

1  所得制限基準額を超える方(リンク)

2  生活保護や中国残留邦人等支援給付を受けている方 

3  後期高齢者医療の被保険者で、かつ住民税が課税されている方

4 (※)65 歳以上になってはじめて精神障害者保健福祉手帳 1 級をお持ちになった方

5 (※)65 歳に達する日の前日までマル障の申請を行わなかった方等
  (東京都内に住所がなかった、生活保護を受けていた、などのために 65 歳前にマル障の申請を行うことができなかった方を除きます。)
  (※)4 及び 5 については、以下のとおり、制度改正時の経過措置があります。


経過措置 

制度改正時の経過措置として、精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方については、次のように取り扱うこととします。

(1)経過措置の対象者(下記(1)(2)の両方を満たす方)
   (1)年齢
    平成31年1月1日の時点で65歳以上の方または64歳の方で令和元年6月30日までに65歳になる方
   (誕生日が昭和29年7月1日までの方)
   (2)精神障害者保健福祉手帳1級(※)をお持ちの方
    (※手帳交付日が平成30年12月31日以前で、かつ平成31年1月1日以降の有効期限が残っている手帳に限る。)

(2)申請可能期間
   上記(1)に該当する方は、申請受付開始(平成30年11月1日)から令和元年6月30日までは
   マル障申請時の年齢が65歳を超えていても申請を受け付けます。


申請手続

 (1)申請先  品川区役所 本庁舎3階 障害者福祉課
 (2)必要書類 (1)精神障害者保険福祉手帳 (2)健康保険証 (3)印鑑 (4)所得が確認できる書類 (5)代理申請の場合は、代理人の身分証明書・印鑑
       ※課税台帳で所得が確認できる場合は(4)省略可

お問い合わせ

障害者福祉係
電話03-5742-6707