グローバルナビゲーション

新型コロナウイルス感染症による保育所等の臨時休業等に伴うベビーシッター利用支援事業について

更新日:2020年7月17日

実施期間を令和2年9月30日まで延長しました。

1.事業の実施について


新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育施設等の臨時休園等により、医療従事者等、社会生活を維持するうえで必要なサービスに従事しているなど、
仕事を休むことが難しい保護者が、やむを得ずベビーシッターを利用した場合に、ベビーシッターについての費用の一部を補助します。

2.助成(利用)対象者

以下の要件を満たす方が対象となります。

(1)申請時点で児童と保護者が品川区内に住民票があり、実際に居住していること

(2)在籍している保育所等が新型コロナウイルス感染拡大のため臨時休園等(登園自粛要請も含む)の措置を行ったため、登園が出来なくなった
 
児童の保護者
※保育所等は、認可保育園、認定こども園、地域型保育事業、認証保育所、認可外保育施設、区立幼稚園、私立幼稚園が対象施設となります。

(3)医療従事者等社会の維持に必要なサービスに従事しており、仕事を休むことが困難な場合
 
   ※在宅勤務については、在籍している保育所等が臨時休園等をしており、やむを得ずベビーシッターを利用した場合のみ、
  家庭の状況や仕事の内容等を個別に確認させていただいたうえで助成対象となるかを審査します。

(4)保育の必要性の認定を「就労要件」で受けている、または認定を受けるにあたる就労状況であること
 ※保護者それぞれに保育を必要とする事由に該当する必要があります。
 ※ベビーシッターの利用時に保護者が育児休業期間中や出産休暇中の場合は、助成対象外となります。
 (必要に応じて、書面の提出や勤務先に就労状況の照会をさせていただく場合があります。)


3.実施期間

保育所等が臨時休園等を行う期間(4月1日から9月30日の期間において)
※感染症の発生状況により変更の可能性あり。

4.事業概要

本事業における助成方式は2種類あります。
以下のいずれかの制度でのご申請をお願いいたします。
各制度の内容や申請方法は、以下のリンクよりご参照ください。

令和2年度ベビーシッター利用支援事業【助成券方式】(新型コロナウイルス緊急対応)

 

令和2年度ベビーシッター利用支援助成金【後払い方式】(新型コロナウイルス緊急対応)


   
 

 

5.申請書の提出先

〒140-8715 品川区広町2-1-36 品川区役所 子ども未来部 保育支援課 開設・計画担当ベビーシッター利用支援事業担当 

 

6.その他

本事業により助成された金額については、所得税法上の非課税所得となります。
詳しくは、お近くの税務署にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

(制度内容に関するお問い合わせ)
(私立幼稚園、認証保育所、認可外保育施設に在籍しているお子様についてのお問い合わせ)
保育支援課開設・計画担当
電話:03-5742-6039

(区立保育園、区立幼稚園に在籍しているお子様についてのお問合せ)
保育課施設・運営係
電話:03-5742-6724
(私立保育園(認可保育園)、認定こども園、小規模保育事業に在籍しているお子様についてのお問合せ)
保育支援課私立支援担当
電話:03-5742-6723