グローバルナビゲーション

令和2年度ベビーシッター利用支援助成金(新型コロナウイルス緊急対応)【後払い方式】

更新日:2020年5月27日

令和2年度ベビーシッター利用支援助成金(新型コロナウイルス緊急対応)【後払い方式】

ご利用になったベビーシッターサービスに係る利用料について、区へ所定の申請をすることにより、
助成対象となる時間の範囲内で保護者が支払った利用料のうち、1時間あたり2,250円を上限金額として利用時間分を
助成する制度です。制度概要は、以下のとおりとなります。

ベビーシッター利用支援助成金(新型コロナウイルス緊急対応)【後払い方式】制度のお知らせ(PDF :226KB)

1. 対象事業者
 次の要件を満たす事業者を利用する場合、対象となります。

 東京都に認可外保育施設の届出を行っている居宅訪問型保育事業を実施している区内・区外の事業者
 
 ※ 対象事業者の最新の状況は、東京都のホームページでご確認ください。
 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/hoiku/ninkagai/ninkagai-ichiran/kyotaku_list.html
 都ホームページに掲載されている事業者が、複数の事業を実施しており、掲載以外の事業(助成の対象とならない事業)も実施している場合が
   あります(ベビーシッターマッチングサービスなど)ので、事前に事業者にご確認をお願いいたします。
  
2.ベビーシッターの要件
 以下のいずれかの要件を満たすベビーシッターを派遣する事業者を利用した場合に、助成対象となります。
 ※ 利用するベビーシッターが要件を満たすかは、事業者にご確認ください。
 ア. 東京都又はACSA(公益社団法人全国保育サービス協会、以下同じ)の居宅訪問型保育基礎研修修了者(基礎研修は、平成27年度以降、   
    東京都又はACSAが実施したものに限る。)
 イ.ACSAベビーシッター養成(新任)研修+現任研修修了者
 ウ.ACSAの認定ベビーシッター資格保有者
 エ.子育て支援員専門研修(地域保育コース)修了者(子育て支援員研修は、東京都が実施するものに限らず対象とする。)
 オ.保育士資格保有者
 カ.東京都内の地域型の家庭的保育者(東京都が実施する家庭的保育者研修を修了し、区市町村が認定した地域型の家庭的保育者(退職者を含む。)
      を指す。)
 キ.看護師資格保有者

3.利用可能時間
 月曜日から土曜日まで(ただし、祝日、休日および年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く)の午前7時から午後10時まで

 対象のお子様1人あたりの利用可能時間の上限は、以下のとおりです。

 

保育標準時間認定(相当)
1日に11時間までかつ1月に220時間まで
保育短時間認定(相当)   
1日に8時間までかつ1月に160時間まで


4.助成金額
 1時間あたり2,250円(上限金額)×利用時間
    
 
 ※ベビーシッターサービスの基本保育料が1時間あたり2,250円を下回る場合は、基本保育料と同額が上限となります。
 ※助成対象時間の上限内であれば、複数事業者を利用した場合でも助成対象となります。
 ※交通費、入会金、家事代行、家庭教師、送迎等基本保育以外に係る利用料金は、助成対象外となります。

5.支払方法・スケジュール
 以下のとおりご利用月ごとに申請の締め切りがあります。
 お支払いは、ご指定の金融機関の口座にお振り込みいたします。

(助成金の申請・交付スケジュール)【予定】

利用月  申請〆切  支払予定時期
4・5月分  2020年6月26日(金) 2020年7月~8月
6月分 2020年7月31日(金) 2020年8月~9月
上記の締め切りに間に合わなかった場合(四半期ごとに申請〆切があります)
4~6月分 2020年9月11日(金) 2020年11月下旬
4~6月分 2020年12月11日(金) 2021年2月下旬
4~6月分 2021年3月22日(月) 2021年5月下旬

 ※3月の申請締め切り日を過ぎた場合、いかなる理由でも助成金の申請をお受けすることはできませんので、ご注意ください。

6.申請方法
 以下の提出書類を保育支援課開設・計画担当(第二庁舎7階)まで郵送または持参にてご提出ください。郵送の
 場合は、申請締め切り日に必着するように送付してください。
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、なるべく郵送でのご提出にご協力をお願いいたします。

7.提出書類(すべてExcelファイル)
 ア.    交付申請書兼請求書(所定様式)(26KB)
 イ. 利用証明書(所定様式)(31KB)
 ※ベビーシッターサービスの利用が確認出来る場合、契約書等の提出が出来れば、省略出来ます。
 ウ. ベビーシッター要件証明書(所定様式)(32KB)
 ※イ、ウはベビーシッター事業者にて記入・押印する書類です。
 上記ア、イ、ウは、保育支援課窓口でも配布しています。
 エ. 勤務状況証明書(所定様式)(26KB)
 ※保育の必要性の認定を「就労要件」で受けていない場合または保護者が在宅勤務の場合、ご提出ください。
 ※エは勤務先で証明される書類です。期限までのご提出が難しい場合は、予めご相談ください。
 オ.事業者に各月の基本保育料を支払っていることが確認できる書類の写し(領収書の写しなど)
 なお、1日単位で領収書が発行されている場合は、利用した全日分の提出が必要になります。

 ※ 上記、イ、ウ、オの書類が事業者から交付されない場合、必ず事前に保育支援課開設・計画担当ご相談ください。
   特にイ、ウの書類については、事業者に証明してもらうことを前提としているため、証明書が発行できるかについては、
   ご利用を検討している事業者に必ずご確認ください。
   また、複数事業者を利用している場合、イ、ウ、オもそれぞれの事業者ごとに提出が必要になります。
 ※ 提出書類に、不備・不足があった場合は、助成ができない場合があります。
 ※ 提出期限までの全ての書類の提出が難しい場合、必ず事前に保育支援課開設・計画担当にご相談ください。

8.申請書の提出先
〒140-8715 品川区広町2-1-36 品川区役所 子ども未来部 保育支援課 開設・計画担当ベビーシッター利用支援事業担当

お問い合わせ

保育支援課開設・計画担当
電話:03-5742-6039
FAX:03-5742-9178