グローバルナビゲーション

公共交通機関・SNS等を活用した魅力発信

更新日:2019年5月15日

 10月1日(月) から、JR京浜東北線、品川駅自由通路といった公共交通機関やSNSなどの広告を活用して、区の魅力発信をスタートさせました。広告の内容は、一般公募アンケートによって選ばれた品川区をアピールするフレーズと、品川区ゆかりのイラストレーター本山浩子さんによるイラストで構成されています。

リビング このまま 意外と 住みやすい 
貝塚 引っ越し 疲れた 想像

 広告媒体とスケジュールは以下のとおり。品川駅【点】を中心に、南北に走るJR京浜東北線【線】、区内のほか六本木からお台場まで運行する都営バス【面】といった【点・線・面】それぞれの媒体を活用し、区内外に向けて区の魅力を発信します。また、PR動画「Promise~シナガワにきっと~」15秒CMを、JR京浜東北線デジタルサイネージと、渋谷駅西口スクランブル交差点の大型スクリーン「Q’S EYE」でも放映(文化観光課と連携)。その他、SNS、WEB、新聞折込紙など、さまざまなメディアを活用して、区の魅力を発信しています。

品川駅自由通路(港南口側コンコース)/JR京浜東北線 トレインチャンネル


品川駅自由通路 京浜東北線トレインチャンネル

JR京浜東北線 中吊り貸切(1編成・10両)


京浜東北線中吊り(リビング) 京浜東北線中吊り(貝塚) 

都営バス ラッピング(品川営業所管内)


都営バス(祭り) 都営バス(意外と) 

運行状況の検索は「都バス運行情報サービス」ホームページをご確認ください。

SNS広告(フェイスブック、インスタグラム)


SNS広告(このままがいい) SNS広告(上司) SNS広告(住みやすいまちだ) SNS広告(帰ります)

日経新聞折込タブロイド紙 Biz Life Style[ビズスタ東京] 特別版/通常版

ビズスタp.1
【Biz Life Style[ビズスタ東京]特別版】
区民インタビューでは、子育てをしながら東京2020大会の招致活動に参加していたオリンピアン・小谷実可子さんに品川区の魅力についてうかがいました。
※左の画像をクリック(タップ)すると、詳細ページにリンクします。

【発行日】平成30年12月26日(水)
【発行エリア】品川区・目黒区全域、世田谷区・渋谷区・大田区の一部
【配布方法】日経新聞朝刊に折込
【発行部数】約60,000部


ビズスタ東京 通常版
【Biz Life Style[ビズスタ東京]特別版】
3月に天王洲公園で開催された「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2019」を紹介しました。
※左の画像をクリック(タップ)すると、詳細ページにリンクします。

【発行日】平成31年2月22日(金)
【発行エリア】主に目黒区、世田谷区
【配布方法】日経新聞朝刊に折込
【発行部数】約100,000部


スケジュール

メディア
期間
品川駅自由通路(港南口側コンコース) 2018年10月1日(月)~7日(日) 1週間
2019年2月18日(月)~24日(日) 1週間
JR京浜東北線トレインチャンネル 2018年10月1日(月)~14日(日) 2週間
JR京浜東北線中吊り貸切(1編成・10両) 2018年10月1日(月)~28日(日) 4週間
都営バスラッピング(品川営業所管内) 2018年10月~2019年3月 6カ月
SNS、WEB広告 2018年10月~2019年3月 6カ月
日経新聞折込タブロイド紙
Biz Life Style[ビズスタ東京]
特別版 2018年12月26日(水)
通常版 2019年2月22日(金)
渋谷駅西口スクランブル交差点「Q’S EYE」 2018年10月1日(月)~30日(水) 1カ月

みんなで選んだフレーズ

今回、採用したフレーズは以下の8作品です。

 1.東京の玄関、というより、リビング。
 2.このままがいいので、あんまり宣伝しないでください。(品川区民)
 3.意外と遊べる。意外と住める。
 4.子どもが住みやすい街は、みんなに住みやすい街だ。
 5.貝塚が残ってるくらい、昔から住みやすい場所でした。
 6.あんまり言うと上司まで引っ越してきそうだ。
 7.東京に疲れました。品川区に帰ります。
 8.あなたが想像している品川は、品川区ではないと思う

イラストレーター

イラストレーター写真
 本山浩子さん

プロフィール
成城大学、東京デザイナー学院卒業。OL経験後2002年より独立。広告・出版・WEB等で活動中。
現在2つのタッチで制作しています。

【優しく和むドラマを感じる風景】
日本や海外の風景・自然・建物・名所・祭・物、イメージ等、アナログ感あるイラスト。

読売新聞の散歩イラストエッセイ「駅前とことこ」の週連載から始まり。
現在は47PR(都道府県応援サイト)「47都道府県イラストで名所巡り」でイラストエッセイを連載中。
カレンダー、表紙、エッセイの執筆も手掛けています。

【ハッピーでキャッチーなイラスト】
大人から子供向けまで。主に人物メインで女性、美容・健康、児童、教育、ビジネス等、様々な媒体で制作しています。
マンガ、ルポイラスト、児童書執筆(著作で4冊)も手掛けています。

お問い合わせ

広報広聴課シティプロモーション担当
電話03-5742-6043 FAX03-5742-6870